子育て情報『「血液型は知らなくていいです」その理由とは?【3児ママ小児科医のラクになる育児】』

2021年3月30日 18:00

「血液型は知らなくていいです」その理由とは?【3児ママ小児科医のラクになる育児】

目次

・血液型を調べなくていい理由
・血液型を調べるメリットがない
・新生児期の血液型は間違っていることがある
・採血をするとき、自費で血液型を調べることもできます
「血液型は知らなくていいです」その理由とは?【3児ママ小児科医のラクになる育児】


こんにちは、3人子育て中の小児科医保田典子です。今回は血液型の話。幼稚園の入園書類などに血液型を書く欄があることがあります。どうしても欄があると「書いて出さなきゃ」と思いますが、実は書く必要はありません。その理由はなんでしょうか。

血液型を調べなくていい理由

私が生まれたときは、産院で血液型を調べてもらいました(40年以上前!)。私が医師になった20年くらい前は、まだ一部の産院で血液型を調べていたところもありましたが、今はほとんど調べていません。その理由としては……

血液型を調べるメリットがない

血液型を知る必要があるのは、輸血が必要になったときなど、特殊な医療のときのみだけです。以前(といっても私が医師になる前なので定かではありませんが)は緊急輸血などに対応するため調べていたという側面があるようですが、緊急輸血に対応するために調べる必要はないです。輸血が必要なときは必ず病院で血液型を調べます。

また、昔の映画にあったような「私の血を使ってください……!血液型が一緒なんです」というのも絶対にやりません。採血したばかりの新鮮血は輸血の時に副作用を起こしやすいからです。

新生児期の血液型は間違っていることがある

生まれたばかりの赤ちゃんは、ママから「免疫グロブリン」という抗体をもらっています。これは病気に対する抗体も含まれており、体を守るために必須なのですが、血液型検査はこの抗体を見ます。

つまり、ママの血液型と間違えてしまうことがあるのです。このママの抗体が完全に消えるまでに1年くらいかかることもあると言われています。

このような理由のため、大人になるまで血液型を知らない人もたくさんいます。

採血をするとき、自費で血液型を調べることもできます

一生血液型を知ることなく過ごす人もいますので、血液型検査は基本的には不要なのですが、それでも知りたい、という方もいるかと思います。

私も「血液型●型な性格だよね!」的な話がしたくて知りたいな、と思ってしまいます(血液型と性格は医学的には根拠がないと言われています)。

そのようなときは、アレルギーや病気の検査で採血が必要になったら医師に相談して検査をしてもらうことが可能です。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.