子育て情報『「押しつけてごめんね」オーガニック=肌に良いと信じて娘の肌ケアを続けた結果…』

2021年4月26日 10:30

「押しつけてごめんね」オーガニック=肌に良いと信じて娘の肌ケアを続けた結果…

目次

・お風呂上がりに気づいた娘の異変
・赤くかぶれる娘の肌は夫ゆずり!?
・4カ月健診。医師から告げられたのは
・著者:ほりたえりな
スキンケアのイメージ


“肌にやさしいのはオーガニック”というイメージがある私。少し高いけど子どものスキンケアにはいいものを使ってあげたくて、某オーガニックブランドの「ベビーせっけん」と「ベビーローション」を使っていました。3人目の娘は肌が弱く、乳児湿疹もひどかったため、より肌にやさしいオーガニック製品を使用したほうが良いと考えていたのです。ここでは、実際にオーガニック製品を使用してみて、改めてスキンケアについて学んだことをお伝えします。

お風呂上がりに気づいた娘の異変

スキンケアにオーガニック製品を使い始めたのは娘が生後3カ月のころ。最初は特に問題なく使えていました。しかしそれから約1カ月が経ち、娘が生後4カ月になったとき、お風呂上がりの異変に気付いたのです。

娘はもともと乳児湿疹がひどくわかりづらかったのですが、口元やほっぺたがなんとなく赤くかぶれているように見えました。夫に見せると私にとっては意外な言葉が出てきたのでした。

赤くかぶれる娘の肌は夫ゆずり!?

夫は幼いころ植物に弱く、触ると肌がかぶれてしまい、ひどいときには全身に広がることもあったそう。今使っているせっけんやローションは植物由来の成分なので、もしかしたらこの子の肌に合っていないのでは?とのことでした。

私は「まさか」と思いつつも、それ以上はひどくならなかった娘の肌を見て、この1カ月は出なかった症状だしもう少し様子を見てみようと判断。その後も変わらずオーガニックのせっけんとローションを使い続けました。ちょうど1週間後に4カ月健診があったため、そのときに相談してみようと軽く考えていたのでした。

4カ月健診。医師から告げられたのは

そして迎えた4カ月健診。小児科医師の診察では、乳児湿疹のケアは保湿をしっかりするようにと言われました。そのとき私は、今スキンケアに植物由来のオーガニック製品を使っていることと、そのせいで肌がかぶれることはあるかどうかを聞いてみることに。すると「アレルギー検査をしたわけではないので確証はないけど、どんなものでも肌に合う・合わないは当然あります」とのこと。 

そして、「気になるようであれば使用をやめて違うものに変えてみては?」という提案をされました。ここで初めて私は「必ずしもオーガニックが良いというわけではないんだ」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.