子育て情報『「痛みから解放される」全力で喜んでいると、予期せぬ展開が待っていて<コロナ禍の無痛分娩出産>』

「痛みから解放される」全力で喜んでいると、予期せぬ展開が待っていて<コロナ禍の無痛分娩出産>

「痛みから解放される」全力で喜んでいると、予期せぬ展開が待っていて<コロナ禍の無痛分娩出産>


「多嚢胞性卵巣症候群」と診断を受け、治療を受けていたママぺいさんですが、なんと新型コロナウィルスが猛威を振るい始めたタイミングで妊娠が判明! 勤めていた職場は在宅ワークへと切り替わったのでした。そして、新型コロナウィルスの感染が一時的に落ち着き始めた年の夏に引っ越しをすることにしたママぺいさん。引っ越しをしたことで、さっそく新しい個人の産院を探すことに。ネットで調べていると臨月近くまでは個人院でみてくれて、その後は総合病院の無痛分娩と連携できる産院を見つけると、「ここしかありえない!」とこの産院に通うことに。

それから時間が経過し、ママぺいさんは妊娠38週を迎えることに。妊婦健診を受けた翌朝、ママぺいさんは下痢のときのような腹痛に襲われてしまうのですが、以前保存しておいた痛みを和らげる体勢の動画を見始めると、痛みはラクになったのでした。

そして、その日の18時ごろ、とうとう痛みの波がピークに達してしまったママぺいさん。最初病院に行かず、痛みに耐えようとしていたのですが、洋服を脱いでいると、ブルーベリージャムのような血の塊が突然垂れてきたのです!

そのため、急きょ病院を受診することに。
ママぺいさんはタクシーを呼び、旦那さんと一緒に病院へ向かったのですが……?

「痛みから解放される!」と喜んだのも束の間で…

コロナ禍に無痛分娩で産みました 21


※マンガ内ではマスクを省略しております。


コロナ禍に無痛分娩で産みました 21


コロナ禍に無痛分娩で産みました 21


コロナ禍に無痛分娩で産みました 21


コロナ禍に無痛分娩で産みました 21


コロナ禍に無痛分娩で産みました 21


コロナ禍に無痛分娩で産みました 21


コロナ禍に無痛分娩で産みました 22


コロナ禍に無痛分娩で産みました 22


コロナ禍に無痛分娩で産みました 22


コロナ禍に無痛分娩で産みました 22


受付の人に自分も中に入っていいのか

確認を取る旦那さん。

「荷物を上まで運ぶのは、

旦那さんも一緒で大丈夫ですよ」

そう言われると、2人は産婦人科の受付まで

一緒に行くことに。

「ママだけ診療室へ行きましょう」

診療室へ入ると、

ママぺいさんの診察が始まります。

「あぁ……これは……クローズですね」

「ママぺいさん、まだ子宮口が開いてないので、

このあとNST検査をして赤ちゃんも問題なさそうだったら

自宅に帰って様子を見てください」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2023 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.