子育て情報『《正しいうがい&手洗いの工夫って?》この季節に気をつけたい、風邪とインフルエンザ対策』

2018年11月12日 14:00

《正しいうがい&手洗いの工夫って?》この季節に気をつけたい、風邪とインフルエンザ対策

手洗い、うがい、マスクのやり方あってる?

ぐっと気温が下がり、体調を崩し始めているお子さんやママもいるのでは?妊娠中は特に、風邪やインフルエンザにかかったら大変!毎日の手洗い、うがい、マスクは大切です。

でも、実は手洗いやうがいは〝やってるつもり〟の方が多いよう。今回は、正しい手洗い&うがい、マスクの正しいつけ方などをご紹介したいと思います。

小さな子どもでも出来る、手洗いのポイント3つ

我が家の兄姉が実践している手洗いのポイントは3つ。

①石けんは良く泡立てる

流水で手をしっかり濡らしたら、石けんをよく泡立てます。泡状になった状態の方が、汚れが落ちやすく殺菌効果が上がるそうですよ。小さな子は自分で石鹸を泡立てるのが難しいので、泡タイプのハンドソープを使うといいですね。

②手洗いのうたを活用

以前保育園で、澱粉糊→イソジン液を使って、どのくらい洗い残しがあるのかを実験してみたのですが…「うわぁ~~~!!」ってぐらいに手が紫色に!これは、手に汚れが残ってるということ…。自分では洗ってるつもりでしたが、爪や手首にバイ菌がたくさん残っていました…。他のママさんも手の平は洗えていても、爪や指の間、手の甲の洗い残しが多かったです。

そこで、教えてもらったのが、ビオレの「 あわあわ手洗いのうた♪」

この洗い方でやったところ、イソジン液をつけてもほとんど汚れが残っていませんでした♪30秒くらいの短いうたなので、是非これを期に覚えてみてください。

目次

・手洗い、うがい、マスクのやり方あってる?
・小さな子どもでも出来る、手洗いのポイント3つ
・①石けんは良く泡立てる
・②手洗いのうたを活用
・③タオルは1日1回取り替える
・正しいやり方知ってる? うがいのポイント3つ
・①ガラガラの前に、ブクブクペー
・②ガラガラは「オー」と発声
・③外出先では、こまめな水分補給
・しっかりつけよう、マスクのポイント3つ
・①隙間をつくらない
・②マスク表面は触らない
・③使い捨てマスクは1日1枚で交換
・妊婦さんも打てる、インフルエンザのワクチン
・大人も、子どもも!免疫力アップするには?


《正しいうがい&手洗いの工夫って?》この季節に気をつけたい、風邪とインフルエンザ対策

③タオルは1日1回取り替える

人と共有するタオルは菌だらけ。できれば家でもペーパータオルを使うのがベストですが、そうでなければひとりひとり自分専用のタオルを作り、最低でも1日1回はタオルを取り替えましょう。

正しいやり方知ってる? うがいのポイント3つ

①ガラガラの前に、ブクブクペー

口の中のウィルスを喉の奥に侵入させないために、まずはコップ1杯の水で右、左、全体と3回くらいブクブクペーをしてウィルスを外に出します。

②ガラガラは「オー」と発声

ガラガラするときは「アーイーウー」ではなく、「オー」と発生しながら喉を開いて、奥までゆすぐのがポイント!コップ1杯の水がなくなるまで、繰り返しやりましょう。

③外出先では、こまめな水分補給

外出先でうがいができないときは、こまめに水分補給をすることで、うがい代わりになります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.