はい!今日、受精のタイミング!って…【こうして赤子を授かった~中村こてつ不妊治療体験記~ 第9話】

2017年7月12日 12:00
 

中村こてつ ライター
中村こてつ

私とオットの不妊の要因も判明し、さぁいよいよ本格的な治療へ進みます。

って、とりあえず検査だけのつもりが、いつのまにか治療を進める話になっている…けれども子どもが欲しいというオットの気持ちを考えると「やりたくない!」と突っぱねることもできず…ゆらゆらしていました。ゆらゆらしたまま通院していました。

何か事情がない限り、多くの人が考えることだと思うのですが

はい!今日、受精のタイミング!って…【こうして赤子を授かった~中村こてつ不妊治療体験記~ 第9話】

私もそう思っていました。

そこで自然に近い形の『タイミング療法』をやることにしました。

自分でできる方法なので、妊娠したいなぁと思っている方なら、一度は試したことがあるのではないでしょうか。

基礎体温やおりもの(経管粘液)の質などの変化から排卵日を予測し、適切なタイミングで性交を行ないます。

自分でもできますが、病院だと超音波検査(卵胞の大きさを計測)や場合によっては血液検査や排卵誘発剤などを使いながらタイミングを計るので、かなり正確にタイミングが取ることができます。

ドクターいわく、卵子と精子の寿命などから、排卵直前に性交し、精子をスタンバイさせるのが理想らしいです。

はい!今日、受精のタイミング!って…【こうして赤子を授かった~中村こてつ不妊治療体験記~ 第9話】

まだまだ治療に前向きになれず鬱屈とした気持ちでいたので、卵胞チェックのためにクリニックへ向かう足取りも軽くはありませんでした。

クリニックは繁華街にあり、結婚してから田舎に住むようになった私には魅力的なお店もたくさんあったのですが、ウィンドウショッピングをして帰る気にもなりませんでした。

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.