2019年11月7日 09:00|ウーマンエキサイト

朝起きられないダメ主婦だった私が、育児を通して変わったこと【子育てログ!リンゴ日和。 第20話】

ひーたむ
ライター (コミックライター)
ひーたむ
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
子どもが生まれる前、早起きが苦手だった私。夫の会社の出社時間がゆっくりめだったこともあり、起きるのはいつも遅めの時間でした。昔から本当に朝に弱く、目覚ましを2つかけても起きられないこともありました。

■朝が苦手な私、娘の幼稚園スタートが心配に…

目覚ましを2つかけるほど、朝に起きられないダメ主婦だった…
長女が生まれてからは、授乳を長くしていたこともあり、睡眠時間も不規則でさらに朝が苦手に…。

そのため長女が成長し幼稚園に行くということが決まったとき、一番心配だったのは「自分が朝しっかり起きられるかどうか」ということでした。

長女の幼稚園がいよいよスタート、早起きできるかな
家族が夫とふたりだけならまだいいのです。もし私が寝過ごしてしまっても、夫は大人なので、自分で朝食を用意して食べて会社へ行くことができます。

でも、子どもはもし私が寝過ごしてしまったら…、ずっと一緒に夢の世界にいることでしょう。

私が起きなかったら、娘も眠ったまま…
そのため長女が幼稚園に行きはじめた頃は「朝早く起きないといけない」というプレッシャーが強く、幼稚園に遅刻したらどうしようと毎日不安でした。

私が朝に弱いせいで、娘に迷惑がかかったらダメすぎる…ちゃんとしないと!
…でも、そのプレッシャーのおかげなのか、不思議と朝、シャキッと起きることができるようになったのです。

ひーたむ
ひーたむの更新通知を受けよう!
確認中
ひーたむ
ひーたむの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
ひーたむ
ひーたむの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
ひーたむ
ひーたむをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
ひーたむ
ひーたむの更新通知が届きます!
フォロー中
ひーたむ
ひーたむの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.