2019年10月26日 08:00|ウーマンエキサイト

アーティスト気質な長女の将来は? 娘の夢を応援するために親ができること【子育てログ!リンゴ日和。 第19話】

ひーたむ
ライター (コミックライター)
ひーたむ
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
長女のゆーは、絵を描くのが好きで、将来絵本作家になるのが夢だと小さな頃から話してくれていました。
以前に長女に夢を聞いてみたら「絵本作家になりたい」と言っていました。
「そうか、そういう夢を持つのってかわいいな。実際、絵本作家で食べていける人はほんの一握りだけど、またきっとその夢も変わるかもしれないよね」と昔は思っていたのですが…。

最近また夢を聞いてみたら、やっぱり絵本作家になりたいという娘。
最近また夢を聞いてみたら「将来、絵本作家になりたいな」と長女。
そこで、絵本作家になるためにはどうしたらいいかということを、少し現実的に考えるようになってきました。

■絵本作家は厳しい道のり…?

コンテストで入賞するとか、絵本を出版社に持ち込む、というふうな方法で絵本作家になった人がいるという話を聞いたことがあります。

ただ、入賞したり持ち込んだりしても、かならずしも本にしてもらえるとは限りませんし、よほど売れる可能性がある作品を持っていないと、出版までにはたどり着けないかも…。

「今日はA社とB社に持ち込みだ…」、心配がゆえ、娘が苦労するのでは…という姿が浮かんでしまう…。
もしそれで幸運にも出版にたどりつけたとしても、ある程度売れないと、食べていくのは困難かもしれません。

ひょっとしたらものすごく大変な道なのかも…。子どもを思うがゆえ、かなり現実的な考えが広がって行きました。
ひーたむ
ひーたむの更新通知を受けよう!
確認中
ひーたむ
ひーたむの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
ひーたむ
ひーたむの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
ひーたむ
ひーたむをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
ひーたむ
ひーたむの更新通知が届きます!
フォロー中
ひーたむ
ひーたむの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.