コミックエッセイ:こどもと見つけた小さな発見日誌

セミが苦手だった私…息子から羽化したばかりのセミを見せられて!?【こどもと見つけた小さな発見日誌 Vol.29】

こんにちは、モンズースーです。

やっと涼しくなってきましたね。今回は去年の夏にあったセミのおはなしです。

■私はセミが嫌いで、怖かった

セミが苦手だった私…息子から羽化したばかりのセミを見せられて!?【こどもと見つけた小さな発見日誌 Vol.29】

私はセミが嫌いで、怖かった
私は昆虫全般が苦手です。

息子がカブトムシを飼うと行った時も怖くてなかなか触れませんでした。

特に苦手な虫のひとつがセミです。

刺すわけでも、毒があるわけでもないのに、近くにいると怖くて逃げています。

セミの鳴いている木の下を通るのも怖い。
セミが死んでいる道路を通るのも怖い。
セミが飛んで来たら絶叫しそうなくらいの恐怖でした。

そんなセミ嫌いの私に長男が“あるセミ”を見せてきました。

そんなセミ嫌いの私に長男があるセミを見せてきました

羽化したばかりのまだ飛べない小さなセミでした
それは玄関の脇の草にとまっていた、羽化したばかりのまだ飛べない小さなセミでした。


新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.