子育て情報『「自分で育てると喜んで食べる」は本当?シイタケ嫌いの息子で検証したら』

2019年1月25日 11:20

「自分で育てると喜んで食べる」は本当?シイタケ嫌いの息子で検証したら

子どもには偏食なくいろいろなものを食べてもらいたいのに、好き嫌いが多くて困っているというママも多いのではないでしょうか。
うちの息子も超がつく偏食。野菜はほとんど食べず、見た目で嫌いと判断すると、絶対に口をつけない食わず嫌い。みじん切りにして混ぜれば食べるという話を聞くけれど、ハンバーグや餃子など何が入っているか確認できないものは絶対口にしないという徹底ぶり。
通っている幼稚園は給食がなくお弁当なので、食べると分かっているものしか入れていないのですが、来年から小学校で給食生活が始まることを考えると、少しでも食べられるものを増やしたいところ。
それなら食育に挑戦してみようと、息子の大嫌いなシイタケを一緒に育ててみることにしました。
・子どもでも簡単なシイタケ栽培
・育てたシイタケを食べてみると…

001_001_image1


子どもでも簡単なシイタケ栽培

原木から育てるのは難しいシイタケ。でも、最近は自宅で簡単に育てられる菌床の栽培ブロックが販売されており、水やりするだけで収穫することができます。

「自分で育てると喜んで食べる」は本当?シイタケ嫌いの息子で検証したら

シイタケの菌床。ケースに入れて毎日霧吹きで水をかけるだけなので簡単!

今までトマトやイチゴはベランダで育てたことはあったのですが、今回は息子の大嫌いなシイタケ。どうするかな?と思いましたが、トマトやイチゴの苗とは見た目も違う菌床に、興味しんしん。以前からキノコ興味を持っており、図書館でキノコの本を借りてきては熱心に読んでいたので、ここまではもくろみ通りでした。
霧吹きで水を吹きかけると、日に日に大きくなり、だいたい5日くらいでシイタケが収穫できました。

「自分で育てると喜んで食べる」は本当?シイタケ嫌いの息子で検証したら

寒すぎたり暑すぎたりすると育ちが悪いようですが、通常は5日程度でこんな感じに

育てたシイタケを食べてみると…

息子はうどんが好きなので、さっそくうどんに入れてみることに。自分で育てた責任を感じたのか、しぶしぶ食べてくれたものの、やはり味が苦手なのには変わりがないようで、いまひとつ箸が進みませんでした。

パクパク食べてくれるのを想像していただけに期待はずれでしたが、翌日に五目炊き込みご飯に入れてみたところ、少し渋りながら食べはじめ、途中からはあまりシイタケのことなど気にしない様子ですべて平らげました。しかし、しばらくすると、料理法や気分によって食べたり食べなかったり。以前よりは食べるようになったものの、自分で育ててみても苦手なのには変わりはないようでした。

その後も相変わらず好き嫌いの多い息子ですが、最近意識が変わったようです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.