子育て情報『トイトレに思い込みはバツ!視点を変えたら光が見えた!』

2019年2月26日 11:20

トイトレに思い込みはバツ!視点を変えたら光が見えた!

踏み台に乗って、自分でゴシゴシ洗います

トイトレに思い込みは禁物だった!

夫がトイトレをする前、筆者には「トイトレは夏にするべき」「おまるを使ってから補助便座へとステップを踏むべき」といった思い込みがありました。
娘をトイレにひとりきりにさせる案についても、イタズラ好きな娘がトイレに足を突っ込んだらどうしようと考えてしまう筆者には思いつかないことでした。
娘のトイトレが進んだのは、夫に任せたことで、筆者の思い込みを超えたトイトレができたことに尽きると思います。

また、夏は汗をかくためおしっこの間隔が空き、トイトレしやすいと言われていますが、筆者としては冬のほうがおしっこの回数が多くなる分チャンスが増えるため、トイトレに挑戦しやすいと感じました。
子どものトイトレをする時は思い込みを持たず、色々な方法を試してみることが大切なのかもしれません。

<文・写真:フリーランス記者奥汐紀>

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.