子育て情報『ピンクのおかずレシピ!お弁当から春気分を盛り上げよう』

2020年3月19日 11:20

ピンクのおかずレシピ!お弁当から春気分を盛り上げよう

外出が自粛モードのこの頃。早くお出かけしたくてウズウズしている子どもたちも多いのでは…?
今回は、春気分を盛り上げるピンクのおかずレシピを集めました。
早く心配なくお出かけができるようになることを祈るばかりです。

ピンクと黄色のグルグル渦巻き玉子焼き

目次

・ピンクと黄色のグルグル渦巻き玉子焼き
・タラコの手まり寿司風おにぎり
・すき間埋めにも活躍!ハムリボン
・ほんのりピンクのお弁当が完成!
ピンクのおかずレシピ!お弁当から春気分を盛り上げよう


【材料】
・桜でんぶ・卵・油

【作り方】
1.卵を卵白と卵黄にわけ、よく溶く
2.卵白に桜でんぶを混ぜる。この工程の桜でんぶの量によって、ピンク色の濃さが変わります
3.卵焼き器に油をなじませ、初めに卵黄を流し入れる
4.卵黄に火が通ったら、巻かずに、その上に2を入れる
5.2層を一緒に巻いて焼き上げる

今回の玉子焼きは、玉子1個当たり3gの桜でんぶを使っています。卵が冷たいうちは、なかなか白身と桜でんぶがなじみませんが、10分ほど室温に置いておくと、キレイに混ざりますよ。

ピンクのおかずレシピ!お弁当から春気分を盛り上げよう


桃の節句のちらし寿司に使った桜でんぶが余ってしまっている家庭も多いのでは?
なかなか出番の少ない桜でんぶの消費にもなり、見た目も一気に華やかになるので一石二鳥。桜でんぶの甘さで、味付けも一度にできてしまいます。
男の子たちはそれぞれに、「タイヤみたい!」「目玉みたい!」と言って、ぐるぐる渦巻き玉子焼きに大喜びでした。

タラコの手まり寿司風おにぎり

ピンクのおかずレシピ!お弁当から春気分を盛り上げよう


【材料】
・酢飯・タラコ・コーン・シソ(大人用)

【作り方】
1.酢飯を作り、タラコ、コーンを混ぜて混ぜご飯をつくる
2.ご飯を丸く握る

酢が苦手な場合は酢飯でなくてももちろんOKですが、酢には防腐効果もあるので、おにぎりのごはんに混ぜるのはオススメ。
ごはんが温かいうちに混ぜると、酢のツンとした香りが和らぐので、苦手な場合は炊き立てのごはんにすぐ混ぜるといいですよ。
コーンの黄色がドット柄のようになり、とてもかわいらしいおにぎりの完成です。いつもの三角おにぎりも、ピンク色で丸くなるだけで特別感がありますね。
大人用にはシソを添えると、タラコやコーンの色合いも引き立ち、味わいがグッと深くなります。

すき間埋めにも活躍!ハムリボン

ピンクのおかずレシピ!お弁当から春気分を盛り上げよう


【材料】
・薄切りハム・チクワ

【作り方】
ピンクのおかずレシピ!お弁当から春気分を盛り上げよう

1.ハムは十文字に切り、1/4の大きさにする
2.チクワは厚さ5㎜程度の輪切りにする
3.ハムをちぎれないようにくるっと巻いて、そっとチクワに通す

たったこれだけで、朝の忙しい時間でもお弁当の一品が完成します。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.