子育て情報『絵本専門士が伝えたい !10年後に生きる読み聞かせの力』

2020年12月5日 11:00

絵本専門士が伝えたい !10年後に生きる読み聞かせの力

絵本専門士が伝えたい!10年後に生きる読み聞かせの力

「本が好きになる」「文字に早く親しむ」ことは、読み聞かせの魅力のひとつ。
でも、親子で楽しむ読み聞かせの時間は他にも大事な力を秘めていると、絵本専門士の近藤さんは言います。
「いい絵本の選び方が分からない」というママこそ、今回の特集は必見です!

絵本専門士が伝えたい !10年後に生きる読み聞かせの力


イラスト/杉浦さやか

あんふぁんママに聞きました
絵本専門士が伝えたい !10年後に生きる読み聞かせの力

絵本専門士が伝えたい !10年後に生きる読み聞かせの力


わが子には「本好きになってほしい」半面、ママは読書が苦手、または好きでも苦手でもないと答えた人が約半数。
読み聞かせをする理由には「ママ自身も絵本が好きだから」「親子のスキンシップの一つだから」という回答もありました。
※2020年9/2〜10/7あんふぁんWebアンケート。
※有効回答数1135

絵本専門士が伝えたい !10年後に生きる読み聞かせの力


近藤麻智子さん
絵本専門士として、大人向けの絵本セラピー®のワークショップや親子向けイベントを主宰。
絵本を通じた子どもとの関わり方やお薦め絵本を雑誌・講演会・セミナーで紹介している。
4歳と0歳の男の子のママ。フリーアナウンサー。

「生きる力」のヒントが絵本には詰まっています
「絵本の読み聞かせで育つ力は、大きく3つある」と絵本専門士の近藤さん。
ひとつ目は「想像力」。
絵をじっくり見ることで子どもたちはお話に没頭し、物語の世界を生きられます。
2つ目は「コミュニケーション力」。
親子でやりとりしながら絵本を楽しむことで、会話力が自然と育ちます。
3つ目は「自己肯定感」。
ママやパパが時間をかけて向き合ってくれることで「自分は愛されているな」と実感し、親子の絆も育まれます。
これらは子どもたちが10年後・20年後の将来を生き抜くために必要とされる「生きる力」に直結するものです。
もちろん、文字に早く親しんだり知識が付いたりすることも絵本の魅力のひとつですが、それはあくまで「副産物」。
「でもママたちを見ていると、お勉強的な側面を重視するあまり、読み聞かせの時間がしんどくなっていないか、少し心配です」
無理せず楽しく!絵本選びのプロセス
1.図書館で絵本を10冊借りてみる
まずは、値段も内容も気にせず手に取れる図書館へ。数冊は子どもに選ばせてみましょう。
「文字が多くて読むのが大変そう」「内容が簡単過ぎる」など、子どもの選書へのマイナスワードは口に出さず、絵本を選ぶことが楽しいと思える雰囲気作りを。

絵本専門士が伝えたい !10年後に生きる読み聞かせの力


2.もう一回借りたい本を聞く
返却期限が来たら「この中に、また読みたい本はあるかな?」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.