子育て情報『彼はカリスマ!! ~息子1号、通信制高校へ行く 第1回 オレ、高校やめるってばよ』

2018年10月2日 10:00

彼はカリスマ!! ~息子1号、通信制高校へ行く 第1回 オレ、高校やめるってばよ

年明け、ますます受験へのプレッシャーが強くなること(入学以来、【センター試験まであと○○日】と言われ続けている)。部活動も残り半年で終わってしまうこと。行きたい大学もなければ将来の目標もないこと。

そんななか、毎日10時間近く、教室の席に座っているのがもったいない、というのだ。

たしかに高校入学当初から、教室の雰囲気が苦手で居づらいと言っていた。数回見学に行ったことがあるが、評判の自由な校風より、「難関国立大学絶対合格!」という張り詰めた空気を感じるところだった。「オレ、部活がなかったら学校行ってない。部活があるから学校に行けてる」ともよく言っていた。

「どうしてやめたいの?」

「雰囲気がイヤ」

「嫌だからやめるの?嫌なものから逃げるために通信制に行くんだ?」

「うん」

「雰囲気が嫌なだけなら、私立に転校する選択肢もあるんじゃないの?」

「いや。私立に行っても受験に追い込まれるのは目に見えてる」

「通信制に行きたいのはなぜ?」

「さすがに高校卒業してないとダメだと思うし、通信制行ってバイトしたい。通信制ならバイトできるし。あと、動画編集とかしたい」

(※我が県の普通科高校は原則としてアルバイト禁止)

「本当にバイトがしたかったら学校に隠れてでもすればいい。動画編集がしたかったら今すぐすればいい」

「まぁね」

「大学はどうするの?行かないの?」

「いまのところ、行くつもり」

「行きたい大学はあるの?」

「とくにない」

「じゃ、無理して行かなくてもいいんじゃない?」

「まだやりたいこと決まってないから、大学行って考えてもいいかなと」

「大学行くなら、いまのままがんばったほうが楽なんじゃないの?」

「とにかく嫌。逃げ出したい」

息子1の話を要約すると

一. 教室の雰囲気が逃げ出したいほど嫌い
一. バイトがしたい
一. 動画編集してYouTubeにアップしたい
ということのようだ……。

OH、YouTube……。こんなあまくてぬる~い言い分では、高校をやめる必然性が感じられない。「はい、そうですか」とは簡単に言えそうにない。

現実から逃げたいだけ?
1年ちょっとがんばれば卒業できるのに。
成績も悪くないのにもったいない。
高校やめたらこの先どうなるの?
彼のことだから、一度言ったことを簡単に覆すことはなさそう。
わたし、育て方間違ったか。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.