子育て情報『鉄ヲタ中学生「ニューヨークに行きたい!!」猛スピードでぶつかった壁とは?』

2017年5月9日 14:00

鉄ヲタ中学生「ニューヨークに行きたい!!」猛スピードでぶつかった壁とは?


昔から、遠出の手段は選ばないタイプでした

鉄ヲタ中学生「ニューヨークに行きたい!!」猛スピードでぶつかった壁とは?の画像

Upload By かなしろにゃんこ。

ADHDがある息子は少々とっ散らかったところはありますが、情熱的で好奇心が強くアクティブなところはとにかくスゴイな~と思っています。

叶えたい夢があると叶えるまで全力で手に入れようとします。

小学校低学年のときは電車の乗り換えのある15駅離れたイベント会場まで一人で出かけ、高学年になると30キロ離れた都内まで自転車で遊びに行くなど、知らない道であろうとお構いなしで出かけていきました。

ときに欲しい物や行きたい場所があると、しつこく要求して親を困らせる原因となりますが、自分の夢に全力を出せるパワーがあり行動力があるのはいいこと!

帰りが遅くなると心配になりますが、危ないからと止めても守れる子ではないので自由にさせてきました。


「まあ何とかなるだろう」という理由で決断したNY行き

鉄ヲタ中学生「ニューヨークに行きたい!!」猛スピードでぶつかった壁とは?の画像

Upload By かなしろにゃんこ。

中学2年生のある日、夏休みに友達とニューヨークに旅行に行くと言い出しました。

息子の友達のお母さんは英会話の先生です。その友達は日常会話程度の英会話はできるため、息子は「あいつの英会話能力に便乗していけば大丈夫だろう!まぁなんとかなる!」と思ったようでした。


地下鉄のことで頭がいっぱい!でも肝心の…

鉄ヲタ中学生「ニューヨークに行きたい!!」猛スピードでぶつかった壁とは?の画像

Upload By かなしろにゃんこ。

息子は鉄道と車オタクなのでNYの地下鉄全線に乗ることやアメリカの車やバスに乗ることが夢でした。

NY地下鉄博物館でサブウェイグッズを購入するんだ!とウキウキする様子をみて、息子が「どうしても行きたい!」と願うなら社会勉強に行かせてもいいかなと思いました。

異国でカタコトでも英語を話す楽しさから新しい目標を見つけたり、困難にぶつかったり乗り越えたりして社会勉強をしてほしいからです。

そのためなら借金してでも渡航費を工面しようと考えました、かなりのバカ親です。

しかし、15歳未満は子どもだけでは入国できない!という問題にぶつかりました。

そこで、「いろいろな国の人と交流できる2週間ステイの短期留学に参加してみたら?」と提案したところ、「それいい!」とヤル気を示したので、これまでの息子の行動から私は「この子は大丈夫、知らない国でもやれる!」と何故か思い込んでいったのでした。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.