子育て情報『「今この場所が辛いとしても、それを全てと思わないで」異国の地で得た、日本とは180度違う評価』

「今この場所が辛いとしても、それを全てと思わないで」異国の地で得た、日本とは180度違う評価

2018年3月29日 14:00
 


思いついた。アメリカに行こう。

関連リンク

・興奮した息子は夜寝ない!わが家が出合った、最強の寝かしつけアイテムとは…!?
・ICD-10、ICD-11とは?ICD(国際疾病分類)の概要、DSMとの違いなどについて解説します
・【イヤイヤ期】2歳児の泣きぐずり…どうしたらいい?
「今この場所が辛いとしても、それを全てと思わないで」異国の地で得た、日本とは180度違う評価の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10132005788

成人になってからADHDと診断された私は、言葉で語りつくせないほどの生きづらさを抱えて日々を過ごしてきました。中でも生きづらさのピークだったのが大学生時代です。厳しい受験勉強を乗り越えて、やっと掴んだ自由な生活だと思ったのに、その自由に翻弄されることになりました。

私が通っていた大学では、「変わっている」ということが許されないという暗黙の了解をひしひしと感じる日々でした。そこで私の特性(周囲の話を聞かずに喋ってしまう、思ったことをそのまま口に出してしまう等)は周囲から嫌われる原因となり、いつしか「マシンガントーク」「毒舌」「言葉のナイフ」といったあだ名をつけられ、人間関係が良好とは言い難い日々が続きます。

当時の私は、大学を中退したいと思うほどに追いつめられていました。けれども、中退して何をするのか、別の大学を受験し直したとしても、またうまくいかないに違いない…と、鬱々とすることになります。

そして考え抜いた私は、一旦学生生活の仕切り直しをする決意をしました。アメリカの大学に、1年間留学することに決めたのです。


異国の地で周りにかけられた言葉は…

「今この場所が辛いとしても、それを全てと思わないで」異国の地で得た、日本とは180度違う評価の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28208000704

私のアメリカ留学生活は、大学寮でスタートしました。大学寮では2人部屋になり、ルームメートと寝食をともにすることになります。

今まで一人部屋で自由気ままに生活してきた私にとって、ルームメートが常にいる生活はなかなか大変でした。四六時中一緒に生活していると、当然お互いに不満や要求も出てきます。

ルームメートは遠慮なく不満や要求を私に言ってきましたが、私はグッと我慢して言わないようにしていました。日本の大学で「言葉のナイフ」というあだ名をつけられ、散々嫌われた思い出がどうしても引っかかっていたのです。

しかし、ある日、どうしても我慢ができないことがあり、「前から思ってたんだけど…」とおそるおそるルームメートに話をしました。そのときのルームメートの言葉が忘れられません。

"I can’t read your mind!!" (私、あなたの心は読めないわよ!)

そのとき、初めてルームメートと深く話をしました。そして、彼女が言ったのです。

「言わないで分かってもらおうとするのは、日本の文化なのかもしれない。でも私は、口に出して言ってもらわないと、何も分からない。約束してね、ここにいる間は、心にためないで、全部話して。さっきも言ったけど、私はあなたの心は読めないから。」

このときの私の衝撃たるや凄まじいものがありました。それまで「思ったことを言い過ぎる」と注意され続けて嫌われてきたのに、ルームメートは私に「思ったことは全部話して」と言うではありませんか。

このときの彼女の言葉。"I can’t read your mind!!"は、今でも私の中で鮮明に記憶しています。


日本では散々だった私が、「社交性がある人」と言われて

「今この場所が辛いとしても、それを全てと思わないで」異国の地で得た、日本とは180度違う評価の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28208000683

自分のマイナスの特性が、ここではプラスに評価される!?私はしばらく混乱しました。世界がまるであべこべになってしまったのです。「だからダメなんだ」と日本の大学でダメ出しをされ続けてきたことが、アメリカでは「そういうあなたが好きよ」と言われることが多かったのです。

その後も、同じ授業を履修していたクラスメイトに、こんなことを言われました。

「あなたは表情が豊かでとても可愛い。」

これも私には衝撃でした。小学校の頃から、私は「感情がすぐに顔に出るから良くない」と周囲から注意され続けてきたのです。けれども、自分を客観的に見る力に欠けていた私は、「感情が顔に出る」という状態が良く分かりませんでした。

心の底から、どうやったら感情を隠すことができるかも分かりませんでした。他人からそう言われるのが嫌で、作り笑いをするようになり、怒っているときに限ってゲラゲラ笑っていたりしたものです。けれども、クラスメートはそんな私に、「表情が豊か」という言葉をくれたのでした。

今まで忌み嫌われ、治せ治せと言われてきた特性が褒められる滑稽さ。常にカルチャーショックを受ける続ける日々が続きました。

そして、ある授業で、教授が私についてこう話したのです。

「彼女は、"sociable"の代表みたいな人だからね」

クラスメートたちも、うんうん、と頷いて笑っています。

"sociable" とは「社交的な」という意味があります。そうです。 「マシンガントーク」で「毒舌」で「言葉のナイフ」と言われて嫌われ続けた私は、「社交的な人の代表」とまで言われるまでになりました。

そして帰国までの1年間、私は素晴らしい仲間と先生たちに囲まれて留学生活をおくることができたのです。

世界は広い。
日本のあの大学の小さな仲間内の評価が全てではない。

日本に帰国する飛行機の中で、ただそんなことを考えていました。


そして、母になった今。

「今この場所が辛いとしても、それを全てと思わないで」異国の地で得た、日本とは180度違う評価の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10161015542

悩みで押しつぶされそうだった私にとって、あの1年間の留学生活はその後の人生の大きな支えとなりました。

周りのネガティブな評価にくじけそうになったときには、アメリカ人の友達が言ってくれた言葉を思い出し、ポジティブな言葉に置き換えてみました。20歳のときの経験が、その後の20年を支えてくれたのです。

そして先日、ある大学教授の発達障害に関する講演会に行ったときのことです。講演者の先生がこう言ったのです。

「相手が年長であろうと偉い人であろうと、ズバズバと思ったことを言ってしまうのがASDの方の特性なわけですが。この特性は、アメリカなどでは、割とウェルカムなんですよね。ですから、問題になりにくいし、ご本人もそれが原因で生きづらさを感じることはあまりない。つまり、発達障害は実は社会との関連なんですよ。」

この講演を聞いたときに、私は自分を支え続けてくれた20年前のアメリカでの経験が蘇ります。
発達障害は社会との関連。まさにこの言葉を、私は20年前に体感していたのでした。だからこそ、今、発達障害児の息子を育てていても、私は全く悲観的になることはないのです。 それは、息子が心地よいと感じられる場所は、この世界には必ず存在していると信じているから。そして、私たちの周りも、今や教育環境も発達障害への理解も大きく変わりつつあるから。

今この場所が辛いとしても、それを全てだと思わないことの大切さを、私はあのとき学んだのです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.