子育て情報『「まだ」が持つ言葉の力――失敗を恐れない前向きなマインドセットで子どもの人生が変わる』

2019年2月20日 10:38

「まだ」が持つ言葉の力――失敗を恐れない前向きなマインドセットで子どもの人生が変わる

目次

・育った環境が大きな影響を及ぼす “心の持ち方”
・マインドセットで人生が変わる――「まだ」が持つ力
・「しなやかマインドセット」になるための3つのポイント
「まだ」が持つ言葉の力――失敗を恐れない前向きなマインドセットで子どもの人生が変わる

ビル・ゲイツのような敏腕実業家や、世界で活躍するトップアスリートたちにとって、成功を収めるために自身のメンタルをいかにいい状況に保つかはとても重要です。

先日「スポーツ界のアカデミー賞」と呼ばれる「ローレウス・スポーツ賞」を受賞した、女子テニス世界ランク1位の大坂なおみ選手も、コーチによるメンタルトレーニングが多大な力になったことは今や有名ですね。

そのメンタルコントロールに非常に大きな役割を果たしているのが「マインドセット」です。チャレンジを恐れず、努力できる人へと成長できるか否かの鍵となる「マインドセット」について知っておきましょう。

育った環境が大きな影響を及ぼす “心の持ち方”

まず、「マインドセット」について見てみます。


「マインドセット」とは、経験や教育、その時代の空気、生まれ持った性質などから形成されるものの見方や考え方を指す言葉です。信念や心構え、価値観、判断基準、あるいは暗黙の了解や無意識の思い込み、陥りやすい思考回路といったものもこれに含まれます。

(引用元:コトバンク|マインドセット)

つまりは個々人の “心の持ち方”です。マインドセットは、育った環境が大きな影響を及ぼすため、保護者や先生の接し方もとても大事になってきます。

マインドセット研究の第一人者でアメリカ・スタンフォード大学心理学教授、キャロル・ドゥエック氏によると、人は2種類の「マインドセット」タイプに分けられるのだそう。

■硬直マインドセット (Fixed Mindset)
自分の能力は固定的で変わらないと信じている人。「努力しても人は変われない」と思っているため、自分を誇張することに腐心し、他人の評価をとても気にします。失敗に弱いタイプ。■しなやかマインドセット(Growth Mindset)
人の資質や知能は努力次第でいくらでも伸ばせると考える人。失敗を恐れずに挑戦を続けられる前向き思考を持つタイプで失敗に強い。
「硬直マインドセット」は自分で枠を作ってその狭い世界で生きていこうとするタイプ、「しなやかマインドセット」は枠を取っ払って、自分の世界をどんどん広げていくことに喜びを感じるタイプと言えるでしょう。ドゥエック教授は、シカゴのある学校の10歳の子どもたちに、難しい課題を課すことでマインドセットを探る調査を行ないました。その結果、成績が悪かった子どもたちの中には、より点数が下の子を探して自分を納得させる子や「次はカンニングしよう……」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.