子育て情報『アートと子どもの距離が近い! 生まれ変わった「東京都現代美術館」で遊ぼう』

2019年6月1日 06:48

アートと子どもの距離が近い! 生まれ変わった「東京都現代美術館」で遊ぼう

目次

・東京都現代美術館について
・MOTの基本方針
・リニューアルのポイントは「子どもに優しい美術館」
アートと子どもの距離が近い!生まれ変わった「東京都現代美術館」で遊ぼう

2019年3月末にリニューアルオープンした東京都現代美術館(MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO)が、さらに子どもに優しい場所に生まれ変わりました。

緑豊かな木場公園に面していて、インドア(美術館)もアウトドア(公園)もたっぷり楽しみながら学べる絶好のロケーション。親子でぜひ訪れたい魅力をご紹介します。

東京都現代美術館について

東京都現代美術館(通称MOT)は、1995年3月、「現代美術の振興を図り芸術文化の基盤を充実させることを目的として」開館しました。

戦後美術を中心にした所蔵作品は約5400点、所蔵図書資料は約27万冊にものぼり、それらは美術図書室で閲覧することができます。

展覧会は、絵画、彫刻から建築、ファッションに至るまで幅広く企画され、コンテンポラリー・アートを身近に感じられるようにと考えられています。

アートと子どもの距離が近い! 生まれ変わった「東京都現代美術館」で遊ぼう


MOTの基本方針

MOTには、3つの基本方針があります。


1 文化の創造と魅力あるメッセージの発信
(現代美術の国内外への発信/現代美術の保存と継承/変容する価値観への対応)
2 現代美術の普及と次世代の担い手を育む
(優れた作品等の鑑賞機会の提供/現代美術の普及と子供たちの育成/新進・若手芸術家への支援と創造拠点化)
3 あらゆる鑑賞者に開かれた美術館の実現
(バリアフリー・ホスピタリティを指向するアートの拠点化/地域の核としての存在)

(引用元:MOT東京都現代美術館|MOTについて)

特に、当初より次世代アーティストの育成と子どもたちへの教育普及活動に熱心に取り組む姿勢が印象的でしたが、リニューアルでさらに、現代アートと子どもたちをつなぐ架け橋として前進したように感じます。

アートと子どもの距離が近い! 生まれ変わった「東京都現代美術館」で遊ぼう


リニューアルのポイントは「子どもに優しい美術館」

木場公園に面したガラス張りのMOTはとても開放的で、訪れた全ての人を温かく迎え入れてくれる佇まいです。公園を訪れたファミリーも気軽に利用してほしい、そんな願いもこのリニューアルには込められているそう。MOTの想いが実を結んで、来館者には若いファミリー層も多いといいます。親子を引きつける魅力はどんなところにあるのでしょうか。

魅力1:明るくオープンな館内
現代アートを扱う美術館ということで、以前はクールな印象があった館内。リニューアル後に訪れると、案内ボードなどの什器には木が多用され、入口から広々と広がるエントランスホールに点在するベンチは円形のコルク製になり、ガラス張りのクールだった空間が柔らかく優しい印象に様変わりしていました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.