子育て情報『日本産科婦人科学会が妊婦の新型コロナウイルスワクチン接種を推奨!母体・赤ちゃんへの影響は?解熱剤は服用できる?』

2021年9月22日 00:00

日本産科婦人科学会が妊婦の新型コロナウイルスワクチン接種を推奨!母体・赤ちゃんへの影響は?解熱剤は服用できる?

日本産科婦人科学会が妊婦の新型コロナウイルスワクチン接種を推奨

日本産科婦人科学会、日本産婦人科医会、日本産婦人科感染症学会は、2021年8月、新型コロナウイルスのmRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンについて妊婦さんの接種を勧めるという見解を示しました。

これは5月に出された「妊婦をワクチン接種対象から除外しない」、6月に出された「希望する妊婦はワクチンを接種することができる」という通知の内容を更新したものです。

さらに、妊婦さんの感染経路の約8割が夫またはパートナーによることから(※1)、夫またはパートナーの方の接種も推奨しています。

ワクチン接種で母体&赤ちゃんへの影響はある?

目次

・日本産科婦人科学会が妊婦の新型コロナウイルスワクチン接種を推奨
・ワクチン接種で母体&赤ちゃんへの影響はある?
・里帰り先でもワクチン接種できる?
・妊婦でも接種後は解熱剤を服用できる?
・授乳中もワクチン接種できる?
・妊婦さんのワクチン接種は医師に相談しよう
日本産科婦人科学会が妊婦の新型コロナウイルスワクチン接種を推奨!母体・赤ちゃんへの影響は?解熱剤は服用できる?


母体への影響

アメリカ疾病対策センター(CDC)が示したデータによると、妊婦さんと妊娠していない女性とを比較して、両者には副反応が起こる頻度に差がないことがわかっています(※2)。

また、流産、早産、胎児の発育不全、先天奇形、新生児死亡といった妊娠異常が発生する割合は、ワクチンを接種していないときと比べて変わらないことも報告されました。

一方で、妊娠後期に新型コロナウイルスに感染すると特に重症化しやすく、早産や妊娠合併症、胎児への悪影響のリスクが上がるといわれています。そのため、特に糖尿病などの基礎疾患を合併している場合は、接種を検討することが求められます。

赤ちゃんへの影響

アメリカで行われた研究では、妊娠中にmRNAワクチンを接種した人の臍帯血(さいたいけつ)や母乳には、新型コロナウイルスに対する抗体があることが確認されています(※2)。

臍帯血とは、ママと赤ちゃんとをつないで栄養や酸素などを送っている胎盤とへその緒の中にある赤ちゃんの血液のことです。このことから、ママが新型コロナワクチンを接種した場合は赤ちゃんにも抗体が引き継がれ、生まれてからも赤ちゃんを守る効果があると期待されています。

里帰り先でもワクチン接種できる?

日本産科婦人科学会が妊婦の新型コロナウイルスワクチン接種を推奨!母体・赤ちゃんへの影響は?解熱剤は服用できる?


新型コロナワクチンは住民票がある市町村で接種するのが原則です。そのため、里帰り先などワクチン接種券に記載されている住所とは別の地域で接種する場合は、あらかじめ接種を希望する市町村で「住所地外接種届」の届出を行う必要があります。ただし、里帰り先の産科医療施設で接種する場合は、届け出の必要はありません。妊婦さんへの優先接種を進めている自治体では届け出が不要な場合もあるので、事前に接種を希望する自治体の窓口で確認しておくと安心です。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.