子育て情報『育児ってママだけがすること? 忙しいパパでも知るべきこと』

2018年7月26日 19:38

育児ってママだけがすること? 忙しいパパでも知るべきこと

育児ってママだけがすること?忙しいパパでも知るべきこと

こんにちは、佐原チハルです。

ワンオペ育児は、ママに大きな負担を与え、追い詰めてしまうことがあります。パパ自身も、家庭に居場所をなくしてしまうかも ……?

そこで今回は、ワンオペ育児の問題点と、仕事に忙しいパパの「うちはこうしてるよ!」の声をご紹介してみたいと思います。

ワンオペ育児で心が折れてしまったママ

筆者の友人家庭はかつて、妻のワンオペ育児が続いたことが原因で、危機を迎えました。

友人は、多忙な会社で働く30代の男性です。家族想いの男性ですが、“家事・育児は妻の仕事”と当たり前のように信じてもいました。

産後のママさんの姿は友人から見れば完璧で、とても頼もしく思えたそうです。

しかしその後、彼女はしきりに「辛い」と言い始めたそうです。

そんな生活が数週間続いた頃、ついにママさんは動けなくなって しまいました。

泣き続ける赤ちゃんの声から、お隣さんが窮状に気づいてくれたのが助けになりました。その方に助けられながら、ママさんは遠方に住む実家の親にどうにか連絡をし、保護してもらって事なきを得たそうです。

あの日お隣さんが不在だったらと考えると、今でも恐怖を感じるそうです。

ワンオペ育児で子からパパへの信頼もクライシスに?

ワンオペ育児に耐えかね実家に帰った、というママ友は、私にも数人います。ここでご紹介するのは、そのまま離婚に至った友人です。彼女は30代、当時は専業主婦でした。

●ワンオペがきっかけで抱いた、妻としての夫への不信

「子どもが首すわった頃くらいのとき、元旦那に『最近料理してないよね』 って言われたの。『家事サボりすぎ』って」

乳児期の育児は、息つく暇もありません。トイレに行くことさえ難しいこともあります。「そんな状態で家事なんてできるわけない」と、友人は元夫にも伝えたそうです。

「そしたら『食洗機でも買えば』 って言われたんだよね。で、あぁこれは無理だわって思って」

便利家電の導入は、負担を軽くはしてくれますが、肩代わりはしてくれません。

「一緒に家庭運営していくパートナーなのに、道具だけ与えて自分は何も変わるつもりがないって、そんな無責任な人とはやってけないって思ったの」

●ワンオペで育てられた友人は、“父”への信頼も失っていた
この友人のお父さんは、家事も育児もしない人でした。友人は、“ワンオペ育児で育てられた子ども”でもあったのです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.