子育て情報『【動画で解説!】栄養たっぷり!初期離乳食おすすめ2品 │ パピマミ』

2019年10月3日 18:18

【動画で解説!】栄養たっぷり!初期離乳食おすすめ2品 │ パピマミ

【動画で解説!】栄養たっぷり!初期離乳食おすすめ2品 │ パピマミ

こんにちは。パピマミ編集部です♪

今回は栄養たっぷり!初期離乳食におすすめの2品をご紹介致します!

とろとろトマト とかぼちゃのパンがゆ です

目次 1 とろとろトマト1.1 用意するもの1.2 作り方2 かぼちゃのパンがゆ2.1 用意するもの2.2 作り方3 注意

とろとろトマト

1品目は、トマトとミルクだけで簡単! とろとろトマトの作り方 です。

トマトに含まれるリコピンは抵抗力UP、ペクチンは整腸作用や便秘予防の効果があるので積極的に離乳食のレシピに取り入れたいですね♪

●用意するもの

トマト20g赤ちゃん用ミルク 適量

●作り方

① トマトの皮をむき、タネを取り除きます。

image

トマトの皮や種は、赤ちゃんが飲み込むときに邪魔になるだけでなく、消化しにくいため便秘の原因になる可能性もあります。

しっかり取り除いてください。

② すり鉢でトマトがとろとろになるまですりおろします。

image

③ ミルクを加えて混ぜます。

image

ミルクを混ぜると、苦味が消え、初めてでも食べやすくなります♪

とろとろトマトの完成です!!

かぼちゃのパンがゆ

2品目は、甘くて食べやすい、かぼちゃのパンがゆの作り方 です!

かぼちゃに含まれるβ-カロテンは風邪を引きにくくする(粘膜・皮膚の抵抗力を高める)効果があります。

●用意するもの

食パン 8枚切り1/4かぼちゃ 5g赤ちゃん用ミルク大さじ3

●作り方

① パンの耳を取り、小さくちぎります。

② 弱火でパンとミルクを煮ます。

とろとろになるまで弱火でじっくり煮てください。

image

③ ②で煮たものをすりつぶします。

④ 皮をむいたかぼちゃを柔らかくなるまで煮ます。

かぼちゃの皮にも栄養は豊富に入っていますが、硬くて消化しにくいため、はじめのうちはむいてあげるようにしましょう。個人差はありますが、9〜10ヶ月ごろから皮も一緒に調理して大丈夫です。

⑤ かぼちゃが柔らかくなったら裏ごししてペースト状にします。

image

⑥ パンがゆにかぼちゃを盛り付けて完成です!!

image

皆さんもぜひ作ってみてください♪

注意

どの食材もアレルギーが発症する可能性がありますので、離乳食であげる時は少量からで様子を見ましょう。

また仮性アレルゲンの症状の例もあります。

仮性アレルゲンとはまるでアレルギー反応が出たような症状(蕁麻疹など)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.