子育て情報『ストレスがたまる! 専業主婦が夫に嫌悪感を抱くワケと精神科医の処方箋』

2016年12月20日 20:00

ストレスがたまる! 専業主婦が夫に嫌悪感を抱くワケと精神科医の処方箋

ストレスがたまる! 専業主婦が夫に嫌悪感を抱くワケと精神科医の処方箋

こんにちは。エッセイストでソーシャルヘルス・コラムニストの鈴木かつよしです。

20年来のつき合いで、個人的には筆者のバードウオッチング仲間でもあるN先生(50代男性/都内多摩地区のメンタルクリニック院長)は、精神科・心療内科の医師ですが、『最近、夫の悪口を喋りまくるために来院される奥様方、とくに専業主婦の方がとても多い』と言います。

そう言われてみると、筆者が日頃よくお話しをする既婚女性の方々も、そのお立場がいわゆる“専業主婦”に近ければ近いほど、夫の悪口をおっしゃっているように思えます。

精神科や心療内科などの診療所は伴侶への愚痴を「病気」と捉えて治療する場所ではありませんが、諸々の心身症的な症状が伴侶に対するストレスに起因したものであるとするならば、『精神科医として適切な処方箋は書かなければならない』とN先生は言います。

今回はそんなお話をしたいと思います。

●夫を嫌悪する妻たちの主訴は“夫への生理的嫌悪感”と“夫の行動への不快感と理解不能”

N先生がおっしゃるに、主婦の方々が発する“夫の悪口”は、ザックリ言うと次のような内容のものが多いそうです。

『まず、「夫が生理的に無理 」「気持ちが悪い」といった感覚のもの。次に、「休みの日や定年退職後の毎日を家でゴロゴロして過ごすだけの夫が不快」という内容のもの。そして、「夫の行動が理解できない」「妻や子にいろいろ悩み事があるときなのにフラッと出かけてしまう神経がわからない」といった内容のものが目立ちます』(50代男性/前出・医師)

「生理的に無理」というのは男性としてはまことに哀しいかぎりですが、たしかに妻と出会ったころに比べたらお腹は出るは髪の毛は薄くなるはで、「気持ちが悪い」と言われてしまう理由もわからないではありませんね。

また、休みの日のゴロ寝にしても悩み事を相談したいのにフラッと出かけしまう習性にしても、夫族なら誰にでも思い当たるふしがありはしませんでしょうか。

●専業主婦の女性に“夫を嫌悪する妻”が多い理由

多かれ少なかれ世の夫たちに見られるこのような傾向を、“嫌悪”するほど許せなくなってしまうのは“専業主婦”の女性に多いというのが、冒頭でも紹介したN先生の実感です。

では次に、なぜ専業主婦の女性たちはそれほどまでに夫に嫌悪感を抱いてしまうのかについて考えてみましょう。N先生はその理由を、“ストレスを発散できる場所の有無”に見出しています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.