子育て情報『【映画『恋妻家宮本』×日本パパ料理協会】「妻に恋する男たち」最終回 ~実証済み! 妻が喜ぶ“恋妻家料理”レシピ~』

2017年1月26日 20:00

【映画『恋妻家宮本』×日本パパ料理協会】「妻に恋する男たち」最終回 ~実証済み! 妻が喜ぶ“恋妻家料理”レシピ~

【映画『恋妻家宮本』×日本パパ料理協会】「妻に恋する男たち」最終回 ~実証済み! 妻が喜ぶ“恋妻家料理”レシピ~

パピマミをご覧の既婚男性の皆さん、妻に恋してますか?

夫が妻に作る“料理”がカギとなる1月28日公開の映画『恋妻家宮本』と、パパが作った料理を家族みんなで食べる“共食維新”を掲げ、パパ料理の普及を目指す『日本パパ料理協会』がコラボレート。

料理を通じて、夫婦のコミュニケーションを高めるためのヒントを3回シリーズで紹介してきましたが、いよいよ今回が最終回となります!最後までお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

●料理がつなぐ夫婦の絆
【映画『恋妻家宮本』×日本パパ料理協会】「妻に恋する男たち」最終回 ~実証済み! 妻が喜ぶ“恋妻家料理”レシピ~

『恋妻家宮本』とは――。

阿部寛さん、天海祐希さんという豪華なキャストが夫婦を演じることでも話題の映画『恋妻家宮本』。

優柔不断な中学校の国語教師、宮本陽平(阿部寛)と妻の美代子(天海祐希)は大学時代に知り合い結婚。

27年の時を経て、1人息子の結婚をきっかけに夫婦水入らずとなったものの、できちゃった婚だったため、結婚後初めての二人だけの生活はなぜかギクシャク。

互いにうまく伝えられない思いを抱えながら日々を過ごしていたある日、陽平が美代子の書いた離婚届を発見してしまったことから、改めて夫婦について考えていくことになるのです。

『家政婦のミタ』『女王の教室』『○○妻』など数々のヒットドラマの脚本を手掛けてきた遊川和彦さんがベストセラー作家・重松清さんの『ファミレス』を原作に、脚本だけでなく、初めて監督まで挑戦した作品です。

●恋妻家料理は家ごとに違う
【映画『恋妻家宮本』×日本パパ料理協会】「妻に恋する男たち」最終回 ~実証済み! 妻が喜ぶ“恋妻家料理”レシピ~

そんなこの作品でカギを握っているのが“料理”。

主人公の陽平は、新たな趣味として通っている料理教室で習った料理を妻の美代子に作ります。

夜、一緒にお酒を飲む二人の前に並ぶおいしそうなおつまみの数々ですが、美代子は微妙な反応しかしてくれません。これほど凝った料理を作ったのに、いったいなぜ?

しかし、この陽平が作った料理が、すべての妻に喜んでもらえないわけではありません。美代子にとっては喜べるメニューではなかっただけです。

二人として同じ人間がいないように、同じ夫婦は二つとしてありません。もちろん、同じ妻もいません。

それぞれに好みもあれば、それぞれに食べたいタイミングもあるのです。ハッキリ言って難しすぎます(汗)。

では、常日頃、妻へ料理を作っている日本パパ料理協会に所属する飯士たちは、具体的にどんな恋妻家料理で妻を喜ばせてきたのでしょうか?

今回は、過去、妻を喜ばせることに成功したパパ飯士たちのレシピを紹介します!

●妻の郷愁を誘う関西風雑煮~五十嵐パパの場合〜
【映画『恋妻家宮本』×日本パパ料理協会】「妻に恋する男たち」最終回 ~実証済み! 妻が喜ぶ“恋妻家料理”レシピ~

結婚3年目に迎えたお正月。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.