子育て情報『濡れたスパイクを素早く乾かす方法! 川崎フロンターレのホペイロ直伝、梅雨どきのスパイクメンテナンス法』

2022年6月17日 20:00

濡れたスパイクを素早く乾かす方法! 川崎フロンターレのホペイロ直伝、梅雨どきのスパイクメンテナンス法

じめじめした梅雨シーズンのお悩みのひとつは、雨に濡れたサッカー用具や洗濯物をいかに早く乾かすか、ではないですか。

「翌朝になってもスパイクが乾かず、濡れたスパイクで試合に出場しなくてはならなかった」という経験がある方も多いのでは。

そこで、川崎フロンターレで長年ホペイロ(用具係)を努める伊藤 浩之さんに、梅雨どきの洗濯方法と用具メンテナンス方法を伺いました。

子どもが気持ちよくサッカーをするために心得たいノウハウが満載です。
(取材・文:小林博子)

目次

・洗濯の基本をおさらい
・川崎フロンターレでは常に「部屋干し」
・子どもにもできる、スパイクの基本の手入れ法
・雨で濡れたスパイクを早く乾かす方法
・さらに早く乾かすためのひと手間とは?
・子どもが思いっきりサッカーを楽しむサポートを


濡れたスパイクを素早く乾かす方法! 川崎フロンターレのホペイロ直伝、梅雨どきのスパイクメンテナンス法

選手たちの商売道具であるユニフォームやスパイクは、ホペイロさんの手によって管理されている©KAWASAKI FRONTALE

<<前編:川崎フロンターレも実践!ユニフォームの"においと汚れ"をすっきり落とす「洗濯」のコツ

■洗濯の基本をおさらい

前編では、天候にかかわらずユニフォームやソックスなどの衣類をすっきり洗う洗濯方法を、川崎フロンターレのやり方にそって伺いました。

おさらいをすると、

・洗濯洗剤や柔軟剤は市販のものでOK!規定量を守る
・一度に洗う衣類の量は洗濯槽の8割まで
・40度のお湯で洗うとベター
・パワフルコースなど、汚れ落ちに特化したコースを活用する
・脱水後はすぐ干す。衣類は5cm以上の間隔をあける

などが大切なポイントです。

■川崎フロンターレでは常に「部屋干し」

また、前回の記事でわかるように、フロンターレには「乾燥室」があり、ユニフォームをはじめスパイクなどもすべて部屋干し。施設の都合上そうである事情はありつつも、必ずしも外に干すのがベストとはいいきれないようです。

紫外線の殺菌や消臭効果はもちろん期待したいところですが、紫外線は同時に衣類を傷める要因のひとつでもあります。

それよりも衣類の乾燥に大切なのは「風」。フロンターレの乾燥室は風が循環する仕組みを施し、しっかり乾かしていると伊藤さんは言います。

なお、スパイクなどもこの乾燥室で乾かしているそう。雨の日でもしっかり乾くこの部屋があれば無敵ですが、家庭には当然ありません。プロクラブのような施設がない家庭でできる梅雨の乾燥対策を伺ったのでご紹介します。

■子どもにもできる、スパイクの基本の手入れ法

濡れたスパイクを素早く乾かす方法! 川崎フロンターレのホペイロ直伝、梅雨どきのスパイクメンテナンス法

長年選手をサポートしてきた伊藤さんは、用具を大事にすることはプレーにもつながるといいます。©KAWASAKI FRONTALE

スパイクは濡れているかどうかにかかわらず、脱いだ後はその日のうちに汚れや芝、泥などを毎回落としておくのがベターです。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.