子育て情報『勉強できるだけの子でいいの?「地頭のよさ」は親子の会話で育つ!?・その2』

勉強できるだけの子でいいの?「地頭のよさ」は親子の会話で育つ!?・その2

2018年5月16日 17:50
 

母「学校には慣れた?」

息子「うん」

母「給食は美味しい?」

息子「普通……」

最近の我が家での親子の会話です。
親子会話

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

中学校に上がったばかりの息子の様子を知りたい母は、いろんな切り口で話を振ってみますが、適当な返事を返されるばかり。

実はこれ、親の質問の仕方に問題があったようです!

前回と今回の2回にわたって、有元秀文氏の著書「学力をグングン伸ばす親の『質問力』」(扶桑社刊)を参考に、地頭のいい子どもにするための方法をご紹介します。

今回は、親子の会話が弾むための質問の仕方についてご紹介いたします。

■ 意外にも、みんな「親子の会話」で苦労している!?
親子

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

前回、社会に出てから「デキる人」と評価されるには、「地頭」のよさが必要不可欠である!というお話をしました。

そして「地頭」は家庭の会話で育つ!ということですが、もともと親子の会話が少ないと、地頭を良くするもなにも……という感じではないでしょうか?

我が家の場合、コミュニケーションをとろうにも、息子と会話のキャッチボールが続きません。

質問をしても「うん」とか「別に」

この感じ、本当にどうにかなりませんかね!?

「一問一答は会話ではない」

-「学力をグングン伸ばす親の『質問力』」より-

まさに、我が家の親子の会話は「一問一答」。

質問をして会話を投げかけても、その話題はすぐに消え去ります。

息子のほうは別に話をしたいと思っていないのか、話題を広げようと努力はしてくれません。

反抗期だからと片付けて、子どもが話したくないと思っている以上「地頭」が良くなってほしいと思うのは諦めて、そのまま放っておくしかないのでしょうか?

■ 質問の仕方は2種類だけ!「クローズエンド・クエスチョン」と「オープンエンド・クエスチョン」って?
親子

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

「クローズエンド・クエスチョン」と「オープンエンド・クエスチョン」。質問の仕方はだいたいこの2種類に分かれるそうです。

一つ目は「答えが一つしかないもの」。二つ目は「たったひとつの正解がないもの」。

答えが必ず一つしかないものを「クローズドエンド・クエスチョン」というそうです。

「いま、雨が降っていますか?」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.