くらし情報『黒はダメ、あの色を合わせて…! ホワイトパンツを爽やかに着こなすテク | デキるOLマナー&コーデ術 ♯91』

黒はダメ、あの色を合わせて…! ホワイトパンツを爽やかに着こなすテク | デキるOLマナー&コーデ術 ♯91

2018年5月3日 19:00
 

ホワイトパンツコーデの失敗例

目次

・ホワイトパンツコーデの失敗例
・鉄板でオススメする色は「ベージュ・キャメル」
・オススメのホワイトパンツは、柔らかい素材
・ホワイトパンツは、お尻周りをカバーしよう
黒はダメ、あの色を合わせて…! ホワイトパンツを爽やかに着こなすテク | デキるOLマナー&コーデ術 ♯91


【デキるOLマナー&コーデ術】vol. 91

まず、最初にホワイトパンツにおいて、失敗しやすいNG例をご紹介します。それが、黒と白のみで構成されたバイカラーコーディネイト。白と相対する黒を使ったコーデは、色合いにコントラストがつきすぎるので、顔がキツくみられやすくなります。

モノトーンコーディネイトに挑戦したいときは、必ず中間色(グレー系)をコーディネートのどこかに入れるようにしましょう。ただし、各色をどの程度、バランスよく取り入れれば良いのかは組み合わせるアイテムや素材によって変わるので少々テクニックが必要です。絶対に失敗したくない!という場合は、他の色と組み合わせたホワイトパンツコーデをオススメします。

鉄板でオススメする色は「ベージュ・キャメル」

黒はダメ、あの色を合わせて…! ホワイトパンツを爽やかに着こなすテク | デキるOLマナー&コーデ術 ♯91


ホワイトパンツに持ってくるトップスはなんでも良い! というわけではありません。先ほどお伝えしたように、ホワイトと思い切りかけ離れた要素を持つ色(黒や真っ赤など)を持ってくるとコーディネイトにコントラストがつきすぎてうるさくなってしまいます。

なので、ホワイトと相性の良い鉄板色をパターンとして覚えておきましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.