くらし情報『ロンドンのクリスマスがピンチってどういうこと?』

2020年10月9日 20:10

ロンドンのクリスマスがピンチってどういうこと?

現在ヨーロッパ在住のファッションジャーナリスト、平野秀美さんのレポートです。今回はベルリンから仕事でロンドンへ行った時に遭遇した、ロンドンのコロナ対策についてレポートします。

2020年9月24日からのルール変更が!

目次

・2020年9月24日からのルール変更が!
・ベルリンとロンドンの違いに驚いたのは…
・どんな時マスク必須?!
・タクシーは乗客3人まで!?
・会社に行かなくて良い!?
・話題は早くもクリスマス!?
・ロンドン市内にある空港にて
ロンドンのクリスマスがピンチってどういうこと?

ロンドンのクリスマスがピンチってどういうこと?


イギリスではロックダウンはされませんでしたが、9月24日から、今まで夜中までオープンしていたバーやレストランは22時までの営業に変更、一度に会える人数は6人までと制限されました。また、引き続き駅構内やお店には消毒液が置いてあり、マスク着用は必須。
ワンウェイ システムと言って、自由に店内を歩けるのではなく、お客さんが逆流しないように、一方通行のみで店内を歩くよう指定されているショップもありました。

ベルリンとロンドンの違いに驚いたのは…

ロンドンのクリスマスがピンチってどういうこと?


私が滞在していたロンドンでは、前日の9月23日は夜中までバーがオープンしており、店内に入る際、お手洗いに行く際など、ドイツのベルリンでは必ずマスク着用を義務付けられていますが、ここロンドンでは義務付けられていませんでした。
また一定の距離は保たれていますが、それでも密集しているとの印象が否めませんでした。
着席して食事をしたり飲む場合は、QRコードを読み取り、自分の名前、電話番号などを記入する必要がある点は、ロンドンもベルリンも同じでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.