くらし情報『鞘師里保、デコルテはあえてノーアクセ…色気を宿す着こなしに挑戦!』

2020年11月20日 20:30

鞘師里保、デコルテはあえてノーアクセ…色気を宿す着こなしに挑戦!

大定番のアイテムを色っぽく魅せるヒントを、スタイリストのSHOCOさんが指南。アーティスト、女優として活躍する鞘師里保さんが、大人の品格ある着こなしを体現してくれました。

“ビッグシルエット”は女性の華奢ラインを浮き彫りにする。
鞘師里保、デコルテはあえてノーアクセ…色気を宿す着こなしに挑戦!


たぷんとしたバルーン袖に、脚のラインを拾わないワイドシルエットのパンツ。体が服の中で泳ぐくらいのオーバーサイズのシルエットを選ぶのがポイント。

「腕とヒップに余白を持たせて隠すことで、逆に服の中のボディラインを意識させるから色っぽくなる。肩が落ちるたっぷりとしたスリーブのスウェットならカジュアルすぎず、甘すぎない幾何学模様のレースパンツと好相性。パキッとした白ではなく、まろやかなアイボリーのワントーンで品の良さもさりげなくプラス。足元はくすみピンクのパンプスで、大人っぽさも感じさせて」(SHOCOさん)

「カジュアルでも女性らしいニュアンスを作れるんだって実感」(鞘師さん)

鎖骨、軟骨、関節…“骨”と“筋”から色っぽさが生まれる。
鞘師里保、デコルテはあえてノーアクセ…色気を宿す着こなしに挑戦!


くっきりと浮き立った鎖骨やたおやかな指の関節は、女っぽさを強調する武器。

「骨や筋は、年齢を重ねたからこそ生み出せる成熟した色気を感じさせるパーツだから、アクセでその美しさを際立たせたい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.