くらし情報『SHINeeの、圧倒的な進化と変わらぬ絆。待望のフルアルバム『Don’t Call Me』が示したもの。』

2021年3月1日 18:30

SHINeeの、圧倒的な進化と変わらぬ絆。待望のフルアルバム『Don’t Call Me』が示したもの。

2月22日、7枚目のアルバム『Don’t Call Me』を世界同時配信したSHINee。公開に先立ち、配信当日の午後に、メディア向けのオンライン・グローバル公開インタビュー会を開催した。その時の様子を振り返りつつ、今回のフルアルバムが改めて示した、SHINeeの“すごみ”をレポートする。

型破りなタイトル曲『Don’t Call Me』に込められた意味。

目次

・型破りなタイトル曲『Don’t Call Me』に込められた意味。
・SHINeeの、ひとつに定義できない魅力。
・久々の音楽活動ならではの楽しさと苦労が詰まった、今回のアルバム。
・これまでのSHINeeを超える、新たなSHINee。彼らの挑戦が再び始まった。
・SHINee 7th Full Album『Don’t Call Me』
SHINeeの、圧倒的な進化と変わらぬ絆。待望のフルアルバム『Don’t Call Me』が示したもの。


左から、ミンホ、オンユ、テミン、キー。

この日、司会を務めたのは、事務所の先輩である東方神起のユンホ。気心知れた仲とあって、メンバーたちもリラックスした様子で、会見は終始、和気あいあいとしたムードが漂っていた。

冒頭の挨拶では、末っ子のテミンが「僕は口下手なのですが、記者の皆さんがきっとうまく記事を書いてくださると信じています」と、ジェスチャーつきで持ち前の愛嬌を見せると、活動休止期間を経て久しぶりの音楽活動となるオンユは「準備中は、“これから活動するんだ”と、とても緊張しましたし、どんな姿を見せたらいいか、ずいぶん悩みました」と正直な気持ちを吐露。

キーは、「こうしてアルバムで皆さんにご挨拶するのは、2年6か月ぶりです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.