くらし情報『「ミァーォウ」はお願いの合図 猫の鳴き声を翻訳してみた!』

2016年7月24日 12:00

「ミァーォウ」はお願いの合図 猫の鳴き声を翻訳してみた!

「ゴロゴロゴロ」と鳴く猫。一緒に遊ぶなら、このタイミングで。

「ミァーォウ」。さて、この猫ちゃんは何と言っているかわかりますか?獣医の山本宗伸先生と服部幸先生に、猫の鳴き声“猫語”を翻訳していただきました。もっと気持ちを通わせ合いたいから、知っておきたい猫の鳴き声を大解説です。

■「ニャ」「ムワ」=こんにちは
「やあ」といった感じで発する。名前を呼ばれたり、飼い主を見つけた時に使うので、この声を聞けるようになるのが友好への第一歩。

■「ミァーォウ」=お願いがあるニャー~
「ミァ」の強弱に、要求の度合いが比例。かわいくおねだりされたら、何でもしてあげたくなるけれど、度を越さないのも飼い主の愛。

■「アーーエーー」「ウニャウニャ」=ごはんが欲しいニャ
餌が欲しいなど強い要求をしてくる時の声は太く、語尾が強くなる。あげたばかりなのに鳴いてきたら、ココロを鬼にして無視を!

■「ゴロゴロゴロ」=ふんふんふん♪
声帯を振動させて出す特徴的な猫語。人間の笑顔に似て、リラックスしてご機嫌な時によく出す。一緒に遊ぶなら、このタイミングで。

■「アオーン」=恋がしたいニャ
発情期の雌が雄を呼ぶ時や、その求愛に雄が応える時に使う。自分以外に好きな子ができて納得いかずとも、恋路を邪魔するのは野暮。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.