くらし情報『どのコマもため息ものの美しさ! SNSで絶賛の漫画『急がなくてもよいことを』』

2021年7月1日 22:10

どのコマもため息ものの美しさ! SNSで絶賛の漫画『急がなくてもよいことを』

子ども時代に友だちに誘われて、市民会館に映画を観に行ったときの顛末。付き合い始めて間もない恋人との、動物園デートの思い出。家の庭で、まだ幼い娘や息子をビニールプールで遊ばせた夏のひととき。

自分の過去ではないのに、読んでいるうちに、不思議と懐かしさがこみ上げてくる。そんな無二の世界観で描かれた、ひうち棚さんの『急がなくてもよいことを』。

当たり前の日常のかけがえのなさ。浸っているだけで幸せな気分に。
どのコマもため息ものの美しさ! SNSで絶賛の漫画『急がなくてもよいことを』


「子どもの頃からマンガには親しんできましたが、いわゆるエンタメ作品は読むだけでしたね。つげ義春さんのマンガを知ったときに、自分でも日常のことを描いてみたくなったんです。自分の身の回りの、美しいなと思ったものなら何でもよくて、何年後かに振り返ったとき、写真でもビデオでもなく、コマ=マンガという方が得意だし、いいなと。2009年から’21年にかけてゆっくり描きためたものです」

淡々と、それでいて簡単には言葉にしがたい感情や、家族への温かなまなざしがたっぷり詰め込まれたエピソードの数々。実は、どのお話も、著者自身の家族の実際の体験がもとになっているのだという。

本タイトルも、主人公(ひうち棚さん)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.