くらし情報『尾崎世界観「人の悪口言わない人は、好きじゃないです」』

2016年8月4日 08:00

尾崎世界観「人の悪口言わない人は、好きじゃないです」

――歌詞を書くのとは違うと。

尾崎:いかに歌詞がメロディに助けられていたか実感しました。音楽だったら、曲調やテンポで感情を表現できるけど、小説は勢いではごまかせない。アイデアが浮かんだら、音楽だとすぐに曲にできるんですけど、小説は具現化するのにここまで苦労するのかと…。思いついてから鮮度がどんどん落ちて、自分の熱も冷めていく中で、果たして、ここまでしてこの気持ちを伝えたいのか、試されるところがありました。書いているうちに、書くべきか書かなくてもいいのか、わかってしまうのが、いいところだし、怖くもありました。

――執筆と作詞を並行してやっていた時期があったんですよね?

尾崎:そうですね。去年は、喉の調子は最悪だし、音楽が上手くいかなくて、「クソッ…」と言いたくなるようなことや悲しいことだとか、全部小説にぶつけていました。なのであの小説はある種、僕のゲロ袋みたいなものです(笑)。

――それで、小説発表の公式コメントが「この小説を書いて救われた」になったわけですね。
尾崎:そうです、そうです。悔しさを日記に書き留めていく感じでした。

――『祐介』は情景描写が大半ですが、突然、膨大な分量の語りが現れます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.