くらし情報『称賛と批判にさらされ…重圧に向き合う、10代の環境活動家・グレタに迫る映画』

2021年10月26日 22:10

称賛と批判にさらされ…重圧に向き合う、10代の環境活動家・グレタに迫る映画

真鍋淑郎さんら3人が選ばれた今年のノーベル物理学賞。日本出身の学者さん受賞が大きく話題になったけど、受賞理由の方が重要でしてね。それは二酸化炭素濃度と地球温暖化の因果関係を証明して、予測したこと。これ、地球温暖化の一番の原因は結局は人間の社会活動じゃん、って話なんだけど、温暖化はデマだ、とかいう人多いのよね…。でもさ、実際温暖化は爆速で進んでいて、タイムリミット間近だから将来のこと考えようよ、ってのが主流になりつつあるじゃない。その気づきのきっかけを作ったのが、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさん。すごかったわよねー、2019年に行われた国連気候行動サミットで叫ぶ姿。あれを見て反発した人、このドキュメンタリーを観て反省してください。本作『グレタ ひとりぼっちの挑戦』は、グレタさんの人となりと、今の環境活動で闘うものがどれだけ大きいかを描いてるの。
称賛と批判にさらされ…重圧に向き合う、10代の環境活動家・グレタに迫る映画


2018年、当時15歳だったグレタさんは、気候変動に対して何もしない政府に抗議するために、毎週金日にひとりでスウェーデン議会前に座り込みを始めたのね。それがSNSで一気に拡散され、世界中の若い人たちの心を動かすことに。ここでポイントは「若い人」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.