くらし情報『おうちに“侘び寂び”インテリア!小さな「水辺」をDIYしてみませんか?』

2016年8月21日 23:30

おうちに“侘び寂び”インテリア!小さな「水辺」をDIYしてみませんか?

おうちに“侘び寂び”インテリア!小さな「水辺」をDIYしてみませんか?


うだるような暑さが続く夏は、ちょっとしたことでもイライラしてしまいがちですよね。クールダウンするために、冷房や扇風機に頼るのもいいけれど、見ているだけで涼しくなるような、癒しの水空間を演出するのも一つの手です。

そこでご提案したいのが、日本の“侘び寂び”がつめこまれた「ビオトープ(水辺の小さな生態系)」。玄関や窓際におくことで、インテリアとしても映え、何より部屋の中が涼しく感じられる、まさに一石二鳥のアイテムなんです。

アレンジ自在!ミニビオトープの作り方
おうちに“侘び寂び”インテリア!小さな「水辺」をDIYしてみませんか?


一見面倒くさそうに見えるビオトープですが、作り方はとても簡単。

材料
睡蓮鉢(雰囲気のでる、信楽焼や益子焼がオススメ)

底土、もしくは小さめの鉢

お好みの水生植物

作り方
鉢の中に土をいれ、植物を植えていきます(底土をいれることで、ビオトープに必要なバクテリアが住みつき、水をキレイにする効果があるのだそう)。土をいれる代わりに、小さめの鉢をそのままいれてもOKです。

自分のテイストに合わせて、睡蓮やウォーターパゴパなどの水生植物や、メダカや金魚、置物を使って自由に鉢の中をアレンジしていきます。最後に水を静かに流し込めば、オリジナルビオトープのでき上がりです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.