くらし情報『<卵巣のう腫体験談>「面倒くさい」後回しにしていた私が、瞬時に受診を決めたワケ』

2022年6月8日 11:00

<卵巣のう腫体験談>「面倒くさい」後回しにしていた私が、瞬時に受診を決めたワケ

【卵巣のう腫赤裸々レポ 1】普段はイラストレーターとして活動している町田ねねこさん。今回ご紹介するのは、卵巣のう腫が見つかってから入院に至るまでのねねこさんの体験談をマンガ化したものです。

ねねこさんは、生まれてから健康で20代後半になるまで子宮頸がん検診を受けたことがなかったそう。しかし、「あること」がきっかけで子宮頸がんの検診を受けることを決意……!?

衝撃のものを目にして…

「面倒くさい」後回しにしていた私が、瞬時に受診を決めたワケ #卵巣のう腫赤裸々レポ 1


「面倒くさい」後回しにしていた私が、瞬時に受診を決めたワケ #卵巣のう腫赤裸々レポ 1


「面倒くさい」検診を後回しにしていた私。受診を決めた理由とは…!? # 卵巣のう腫赤裸々レポ 1


「面倒くさい」検診を後回しにしていた私。受診を決めた理由とは…!? # 卵巣のう腫赤裸々レポ 1


「面倒くさい」検診を後回しにしていた私。受診を決めた理由とは…!? # 卵巣のう腫赤裸々レポ 1


「面倒くさい」検診を後回しにしていた私。受診を決めた理由とは…!? # 卵巣のう腫赤裸々レポ 1


「面倒くさい」検診を後回しにしていた私。受診を決めた理由とは…!? # 卵巣のう腫赤裸々レポ 1


「面倒くさい」検診を後回しにしていた私。受診を決めた理由とは…!? # 卵巣のう腫赤裸々レポ 1


ねねこさんは、生まれてからずっと健康で「そろそろ検診受けたほうがいい年齢だけど、面倒くさいな……」と思っていましたが、ネットニュースで「子宮頸がんで20代女性が死亡」というニュースを見てしまい、急に不安に……。子宮頸がん検診の予約をとるため、すぐに婦人科へ電話をかけました。すぐに予約する行動力が大切ですね!

監修/助産師REIKO

町田ねねこさんのマンガは、このほかにもInstagramやTwitterで更新されています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.