くらし情報『「手術はしない」そう決めた2カ月後、まさかの出来事が<卵巣嚢腫手術レポ>』

「手術はしない」そう決めた2カ月後、まさかの出来事が<卵巣嚢腫手術レポ>

「手術はしない」そう決めた2カ月後、まさかの出来事が<卵巣嚢腫手術レポ>


現在、2児のお子さんを育てるすぶたろうさん。独身だった24歳のころ、卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)が見つかり手術を受けました。その後、結婚、転職を経て手術から3年が経ったころ、検診のため婦人科へ。そこで再び4cmほどの卵巣嚢腫が見つかりました。詳しい検査を受けたすぶたろうさんは……。

経過観察で過ごしていると…


「手術はしない」そう決めた2カ月後、まさかの出来事が #卵巣嚢腫手術レポ 7


「手術はしない」そう決めた2カ月後、まさかの出来事が #卵巣嚢腫手術レポ 7


「手術はしない」そう決めた2カ月後、まさかの出来事が<卵巣嚢腫手術レポ>


MRI検査の結果、やはり4cmほどの卵巣嚢腫が見つかったすぶたろうさん。医師から手術を受けるかどうか問われ、以前の手術のつらい経験もあったことから一旦手術はしないことを希望しました。引き続き経過観察をすることとなり、卵巣嚢腫があることが告げられてから約2カ月経ったころ……すぶたろうさんは第一子を妊娠! その後、大きな問題に直面することもなく無事に第一子を出産されました。

4cmほどであれば、妊娠中でも急ぎ手術をおこなう場合は少ないとされていますが、マンガ中の医師も語っているように、子宮が大きくなるにつれて茎捻転が起こる可能性が大きくなります。また、卵巣嚢腫はほとんどが良性とされていますが、万が一悪性だった場合は別途治療をおこなう必要も。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.