くらし情報『「はぁ…」保健の授業が憂うつ→先生のあるひと言で考えが変わって!?』

「はぁ…」保健の授業が憂うつ→先生のあるひと言で考えが変わって!?

目次

・とにかく生理が怖い!
・先生が教えてくれた生理の知識
・「生理は赤ちゃんの…」
「はぁ…」保健の授業が憂うつ→先生のあるひと言で考えが変わって!?


初潮を迎える前、生理についての知識がなかった私は「痛い」「つらい」「怖い」というネガティブな印象を抱いていました。
しかし、学校の授業で先生の話を聞いたことでその認識が変わって……!?

「はぁ…」保健の授業が憂うつ→先生のあるひと言で考えが変わって!?


「はぁ…」保健の授業が憂うつ→先生のあるひと言で考えが変わって!?


とにかく生理が怖い!

小学生5年生のころ、初潮を迎えていなかった私は、とにかく生理に対して怖いイメージがありました。なぜかというと、同学年の女子の間で生理に関するネガティブな噂話が飛び交っていたからです。

「股から血が出る」「おなかがめちゃくちゃ痛い」「症状がひどい人は倒れる」など……。聞いた人が思わず「ひぃ~!」と唸ってしまうような、痛そうで、苦しそうな話ばかりを耳にしていました。

そんなネガティブな噂をまともに信じていた私は、「生理って怖すぎる!」「なんで女子はそんな目に遭わなきゃいけないんだ」「生理なんかこなきゃいいのに!」と生理に対するマイナスイメージばかりを募らせていったのです。


先生が教えてくれた生理の知識

ある日、学校の授業で生理に関する授業を受けました。私は「どんな痛くて恐ろしいことが待っているか、授業で教わらなきゃいけないのか」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.