くらし情報『#006 服も、楽器も、食事も、思い出も“捨てない精神”が強いミュージシャンが「消費期限の長い音楽」を作りたい理由|赤澤えると『記憶の一着』』

2018年3月30日 07:02

#006 服も、楽器も、食事も、思い出も“捨てない精神”が強いミュージシャンが「消費期限の長い音楽」を作りたい理由|赤澤えると『記憶の一着』

こんにちは。赤澤 えるです。思い出の服を持ち寄る連載『記憶の一着』、第6回です。たくさんの服が捨てられる世の中で、残る服って何だろう。それはどうして残るのだろう。それを手放す時ってどんな時…?

服の価値、服の未来、ゲストのお話をヒントに考えていく連載です。

本日のゲストはミュージシャン・はっとりさん。「マカロニえんぴつ」というユニークな名前のロックバンドでヴォーカルとギターを担当する彼。現役音大生だった頃に組んだそのバンドの音楽は「全年齢対象ポップスロック」と称され、日々着実にファンを増やしています。バンドを代表するフロントマンである彼が選ぶ、『記憶の一着』とは?

目次

・“問題作”と言われるMVで着た『記憶の一着』とは
・脱退メンバーの、最後の言葉
width=
澤えるとはっとりさん
▶︎赤澤えるのインタビュー記事はこちら

“問題作”と言われるMVで着た『記憶の一着』とは

赤澤 える(以下、える):『記憶の一着』について聞かせてください。はっとり:「鳴らせ」のMVで着た服。僕のバンド「マカロニえんぴつ」が全国デビューしたミニアルバムのリード曲です。バンドとしても俺としても思い出のある作品で着ていた、通称“鳴らせシャツ”です。大人の方々に協力してもらって初めてちゃんと撮った、すごく大事なミュージックビデオ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.