くらし情報『シネマカフェ的海外ドラマvol.207 「弁護士イーライ」のあれこれに迫る! 第1回』

2011年9月15日 11:39

シネマカフェ的海外ドラマvol.207 「弁護士イーライ」のあれこれに迫る! 第1回

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

大企業の弁護ばかりをしていた野心家弁護士・イーライが、ある日突然見始めた幻覚の“お告げ”に従い、正義の弁護士と化していく「弁護士イーライのふしぎな日常」。他のドラマにはないユニークさと時に感動を運ぶストーリーがミックスし、アメリカでの放送時には熱心なファンを生んだ本作が、いよいよ来月からDVDになって発売開始!そこで、本作品の面白さを探るべく、製作総指揮にして物語の生みの親でもあるマーク・グッゲンハイムさんにお話を伺い、誕生秘話や撮影の裏話など、作品にまつわるあれこれを教えていただきました。

主人公の弁護士・イーライが、妙な幻覚や幻聴に悩まされ始めるシリーズ冒頭。やがてイーライは、それらが自分を弱者救済に駆り立てるための“お告げ”だと悟り、生活を一変させていきます。戦場にいる幻覚を見ては問題を抱える兵士の弁護をしたり、幻覚の中で出会った男性を実際に見つけては裁判を引き受けたり…。そんな彼の豹変ぶりを見て、事務所の同僚や美人婚約者は「イーライは頭でも打ったのか?大丈夫なのか!?」と動揺するわけですが、そもそもこのようにユニークなストーリーはどう生まれたのでしょうか。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.