くらし情報『【特別映像】尾野真千子、“待つ女”を語る!岡田准一は「日本で一番タフな女優さん」と絶賛』

2016年3月11日 16:35

【特別映像】尾野真千子、“待つ女”を語る!岡田准一は「日本で一番タフな女優さん」と絶賛

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


岡田准一が主演を務め、阿部寛と世界最高峰の頂に挑む『エヴェレスト 神々の山嶺』。このほど、本作で阿部さん演じる登山家・羽生の元恋人であるヒロイン・岸涼子を演じた尾野真千子のメイキングとインタビュー映像がシネマカフェにて解禁。尾野さん自ら、山に挑んだ2人の男を“待つ女”と語っていることが分かった。

野心家の山岳カメラマン・深町(岡田准一)は、ネパールの首都・カトマンドゥで伝説化した、孤高のクライマー・羽生丈二阿部寛)に出会う。すべてをエヴェレストに賭け、他人を寄せ付けない人生を送ってきた羽生の過去を調べるうち、深町は彼の壮絶な生き様に飲み込まれていく。標高8,848m、氷点下50度、呼吸すら困難な極限の世界で、これまで誰も成し得なかった過酷な登攀(とうはん)に独り挑む羽生、そしてカメラを構えて羽生を追う深町。世界最高峰の地で、命を懸けて挑む男たちは、何を見たのか――。

全世界で翻訳された夢枕獏による大ベストセラーを映画化した本作は、日本映画としては初めて現地ネパール・エヴェレストの高度5,200m近くで撮影を敢行。岡田さん、阿部さん、尾野さんをはじめ、キャストやクルーは10日間かけて高度順応しながら登り、文字通り命懸けの撮影に挑んだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.