くらし情報『世紀末ウィーンの世界観が香る新フレグランスブランド「WienerBlut」が日本初上陸』

2016年12月20日 15:00

世紀末ウィーンの世界観が香る新フレグランスブランド「WienerBlut」が日本初上陸

Photo by cinemacafe.net

オーストリアのウィーン発ユニセックスフレグランスブランド「WienerBlut(ウィーナーブルート)」が、今冬、日本初上陸を果たした。

「ウィーン気質」というブランド名を持つ「ウィーナーブルート」は、芸術文化が隆盛を極めた19世紀末ウィーンの街と文化のエッセンスを体現するというコンセプトのもと、2009年にアレクサンダー・ローバーによって立ち上げられた。パリのコレットや、ロンドンのリバティやトランク、ウィーンのロブマイヤー本店など、感度の高い高級店で既に取り扱われている注目のブランドだ。

19世紀末のオーストリア=ハンガリー帝国時代のウィーンは、グスタフ・クリムトやエゴン・シーレなどの画家、オットー・ワーグナー、ヨゼフ・マリア・オルブリッヒなどの建築家、ヨハン・シュトラウス2世やマーラーなどの音楽家が一世を風靡し、快楽主義的世界観に満ちた文化や芸術が繁栄したことで知られる。

「ウィーナーブルート」は、当時のレシピを厳選された天然素材で再現した4つのオードパルファムから成る。その香りだけでなく、ボトルデザインに至るまで、19世紀の香水瓶のスタイルを研究し、ニューヨークを拠点に活動するアートディレクターのアレックス・ウィーデリンが手掛けた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.