くらし情報『カンヌ騒然!新人女性監督&新星女優が描く衝撃の“めざめ”…『RAW』公開へ』

2017年11月2日 10:00

カンヌ騒然!新人女性監督&新星女優が描く衝撃の“めざめ”…『RAW』公開へ

Photo by cinemacafe.net

2016年のカンヌ国際映画祭批評家週間にてワールドプレミア上映され、批評家連盟賞を受賞するなど話題を呼んだ『RAW~少女のめざめ~』(英題:RAW)が、2018年2月、日本公開されることが決まった。

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親や姉と同じ獣医学校に入学。初めて親もとを離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになり、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごしていた。新入生の通過儀礼として生肉を食べることを強要された彼女は、学校に馴染みたいあまり、家族のルールを破り、人生で初めて肉を口にする。だが、その行為によってジュスティーヌの本性があらわになり、彼女は次第に変貌を遂げていく――。

『RAW~少女のめざめ~』(C)2016 Petit Film, Rouge International, FraKas Productions. ALL RIGHTS RESERVED.『RAW~少女のめざめ~』(C)2016 Petit Film, Rouge International, FraKas Productions. ALL RIGHTS RESERVED.

監督を務めたのは、パリ出身の新人女性監督ジュリア・デュクルノー。フランソワ・オゾンが通った名門映画学校「ラ・フェミス」の出身で、短編映画『Junior』(’11)でカンヌ国際映画祭のペティットレイル・ドールを受賞。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.