くらし情報『『ドラゴンボール超』初映画化! 原作・鳥山明からコメント到着』

『ドラゴンボール超』初映画化! 原作・鳥山明からコメント到着

2018年3月13日 07:00
 

関連リンク

・竹内涼真「俺を落としてみなよ」に会場が熱狂!
・椎名林檎&MIKIKO&西加奈子、初旅番組でロシアへ!「猫にまた旅」
・小池徹平が先生界のプリンスに!中川大志とイケメン合戦『覚悟はいいかそこの女子。』
Photo by cinemacafe.net

劇場版『ドラゴンボール』の記念すべき20作品目となる新作映画が、『ドラゴンボール超(スーパー)』(仮)として12月14日(金)に公開されることが決定。あわせて、ティザービジュアルとメインスタッフが発表された。

ドラゴンボール超」の初の映画を監督するのは、現在のテレビアニメ「ドラゴンボール超」でシリーズディレクターを担当し、『ONE PIECE FILM Z』でも監督を務めた長峯達也。また作画監督には、新進気鋭の新谷直大が抜擢。今回解禁となったビジュアルで描かれている孫悟空は、オーディションで精選され、作画監督として立つのは今作が初となる新谷氏が、幾度となく原作者・鳥山明とのやりとりを行い、キャラクターのデザインを新たに今作用に描き下ろしたものだ。

本作の原作・脚本・キャラクターデザインを務める鳥山氏は、「今度の『ドラゴンボール超』の映画は、いまテレビで放映されているアニメの次の話になります」と明かし、また「宇宙の存続を賭けた力の大会がクライマックスを迎え、一息ついた後のエピソードで、これまでちゃんと描いてこなかったサイヤ人とフリーザのことが少しわかるような内容で、とっておきの強敵を迎えとても楽しめるような話になっていると思います!」とコメント。

さらに、「2013年の映画『神と神』から、前回の『復活の「F」』、そして今回もずっと話は僕がばっちり書いていますし、デザインイラストなども結構たくさん描かせてもらっています。実は、相変わらず忙しいのですが、連載をしていなければ、以前は全くノータッチだったアニメのことを考える余裕もあるわけです(笑)ということで是非ご期待ください!」とメッセージも寄せている。

映画『ドラゴンボール超』(仮)は12月14日(金)より全国にて公開。

(cinemacafe.net)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.