くらし情報『渋谷シネクイントが7月6日に復活オープン!『最強のふたり』製作陣で贈る『セラヴィ!』を上映』

渋谷シネクイントが7月6日に復活オープン!『最強のふたり』製作陣で贈る『セラヴィ!』を上映

2018年3月19日 20:45
 

関連リンク

・白石麻衣、「世にも奇妙な物語」で初主演! 「いろいろなキャラクターを演じてみたい」
・長澤まさみ&高橋一生、新たなラブストーリーの傑作『嘘を愛する女』BD&DVD発売
・痛々しいディーン・フジオカに「目を背けたくなる」の声…「モンテ・クリスト伯」第1話
Photo by cinemacafe.net

『最強のふたり』(2012年公開)の監督・スタッフ陣が手掛ける待望の最新作『セラヴィ!』が、7月6日(金)より日本公開されることが決定。また、同日にオープンする新・シネクイントのオープニング作品として公開されることも分かった。

ストーリー

舞台は、結婚式。あのルイ13世が所有していたパリ郊外・フォンテーヌブローの近くのクランス城。ウェディングプランナーとして30年間、数えきれない挙式をプロデュースしてきたマックスは、近頃、“引退“という文字が頭をよぎる日々が続いていた。そんな折、ピエールとヘレナというカップルからの依頼で、17世紀の城を舞台にした豪華絢爛な結婚式を控えていた。ウェイターやキッチンスタッフを雇い、カメラマンやオーケストラをブッキング、会場を彩る花や、スタッフの衣裳、出席者の席順など細かな演出をセッティングし、マックスはいつも通り、式を成功させるための準備を整えていた。

しかし、マックスのそんな努力も虚しく全てがことごとく大失敗!ウェイターはシワシワなシャツにおかしなヒゲ、新婦を口説きはじめるスタッフ、オーケストラはワンマンショー気取り、カメラマンはおしゃべりとつまみ食いを繰り返し、彼のたてた完璧なプランとは逆に、感動的になるはずだった式は大惨事と化す…。

本作は、ベテラン・ウェディングプランナーを主人公に、パリの結婚式での1日を舞台に繰り広げられる、人々の人生と思惑が痛快に交差する、大人のためのライフ・エンターテインメント作品。監督を務めるのは、『最強のふたり』のエリック・トレダノとオリヴィエ・ナカシュのコンビ。世界的に注目を集める製作チームの再集結は、本国フランスでも大変な話題となり、1位スタートを切り、公開1か月で興収25億円を突破。同年公開の『ラ・ラ・ランド』『ダンケルク』といったハリウッドの超話題作を抜き、2017年フランスでの興収ベスト10入りを果たした話題作だ。出演には、俳優で脚本家のジャン=ピエール・バクリをはじめ、ジル・ルルーシュ、ジャン=ポール・ルーヴ、ヴァンサン・マケーニュらが顔を揃えている。

また本作は、渋谷PARCO建替えで一時休館となっていたシネクイントのオープニング作品にも決定。パルコが運営する渋谷のミニシアター「シネクイント」は、1981年渋谷PARCOパート3の8階にオープンした多目的ホール「スペースパート3」を前身に、1999年より映画常設館としてスタート。2016年8月に渋谷PARCO建替えで一時休館となり、この度、約2年ぶりに2スクリーンの映画館として復活する。

『セラヴィ!』は7月6日(金)より渋谷・シネクイントほか全国にて公開。

(cinemacafe.net)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.