くらし情報『“東宝シンデレラ”福本莉子、斎藤工に恋心…『のみとり侍』で映画デビュー』

2018年3月27日 14:15

“東宝シンデレラ”福本莉子、斎藤工に恋心…『のみとり侍』で映画デビュー

また、読み書きを無償で教えてくれる佐伯友之介(斎藤工)に、秘かな恋心を抱きつつも一生懸命勉学にも勤しむ。友之介が病に伏せたときには率先して看病を行う、優しさを持った健気な町娘を演じている。

鶴橋監督は「ただその場にいるのではなく、何とか友之介の身の回りのことを手伝いたい気持ちを秘めた様子をうまく演じてくれました」と福本さんを絶賛。その出演シーンは、おみつはじめ長屋の住人たちの暮らしぶりや人情深さが、エリート侍だった寛之進の心情を変えていくという重要なシークエンスとなっている。

福本莉子からコメント到着「鶴橋組でのこの経験を大事に」

「初めての映画が時代劇で、撮影所が京都の太秦にある東映撮影所という伝統ある場所。そして阿部寛さんはじめ豪華なキャスト陣に驚きました。京都の太秦での撮影はまるで異国に来たような感じで、太秦に着いたらかつらを被り、着物を着るというルーティーンがいままでにない経験だったので毎日とても新鮮でした」と、初めての経験をコメント。

撮影では「まずは子役の子どもたちとの距離を縮めるために積極的に話しかけて仲良くなりました。そして斎藤工さん演じる友之介に恋心を抱いている女の子であることをしっかりと意識して演じました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.