くらし情報『“東宝シンデレラ”福本莉子、斎藤工に恋心…『のみとり侍』で映画デビュー』

“東宝シンデレラ”福本莉子、斎藤工に恋心…『のみとり侍』で映画デビュー

2018年3月27日 14:15
 

Photo by cinemacafe.net

これまで沢口靖子長澤まさみ上白石萌歌らを輩出してきた「東宝シンデレラ」。このたび、「第8回東宝シンデレラオーディション」にてグランプリを獲得した福本莉子が、阿部寛主演の時代劇『のみとり』でスクリーンデビューしていることが分かった。

2016年に大ヒットを記録した『後妻業の女』の鶴橋康夫監督が、約40年、熱望し続けたという歴史小説の映画化を阿部さんを主演に迎えて実現させた本作。小松重男による傑作短篇集「蚤とり」内の人気エピソードを基に鶴橋監督自身が物語を再構築し、脚本・監督を務めている。

『のみとり侍』(C)2018「のみとり侍」製作委員会

大先輩の沢口靖子長澤まさみを目指して!

福本さんは2016年に行われた「第8回東宝シンデレラオーディション」にてグランプリを獲得し、芸能界デビュー。雑誌「Seventeen」の専属モデルや「NHK Eテレ高校講座物理基礎」にレギュラー出演するなど活躍の場を広げてきた。そして今回、大先輩の沢口さんや長澤さんを目指し、その第一歩となる女優として本作に初出演。

役どころは、阿部さん演じる主人公・寛之進が猫の“のみとり”を命ぜられて暮らすことになる長屋の住人の娘・おみつ。貧しく身を粉にして日々働き、幼い子どもたちの面倒も見るしっかり者。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.