くらし情報『トランプ大統領が反撃! ロバート・デ・ニーロは「頭を打たれすぎ」』

2018年6月13日 13:30

トランプ大統領が反撃! ロバート・デ・ニーロは「頭を打たれすぎ」

Photo by cinemacafe.net

11日(現地時間)に開催されたトニー賞授賞式から始まった、ロバート・デ・ニーロのトランプ大統領に対する“口撃”。授賞式ではFワードでトランプ大統領を罵ってスタンディング・オベーションを受け、翌日には主要7か国首脳会談でトランプ大統領がカナダのトルドー首相に失礼な発言をしたとして、デ・ニーロがアメリカの一国民として謝罪した。

トランプ大統領は歴史的な米朝首脳会談で多忙を極めていたようだが、ついにツイッターで反撃に出た。「ロバート・デ・ニーロとかいうIQが非常に低い男は、映画でホンモノのボクサーに頭を打たれ過ぎたようだ。昨夜彼を見たが、本当に殴られてふらふらな状態なんだと思わざるを得なかった」とツイート。デ・ニーロは1980年製作の『レイジング・ブル』のボクサー役で徹底した役作りを行い、アカデミー主演男優賞をはじめ、多数の映画賞を受賞した。

トランプ大統領は続けて「経済はベストだし、雇用率も史上最高だ。多くの企業が我々の国に戻ってきている。彼はきっとそういうことを知らないんだろう。目を覚ませよ、ふらふらくん!」とツイートし、デ・ニーロに対抗した。これらのツイートは、前後にトランプ大統領がツイートした米朝首脳会談関係のものより、遥かに多い「いいね」の数を集めている。

(Hiromi Kaku)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.