くらし情報『岡田准一、「白い巨塔」で初の“医師役”!「今やることに意義がある」』

2018年10月18日 05:00

岡田准一、「白い巨塔」で初の“医師役”!「今やることに意義がある」

Photo by cinemacafe.net

テレビ朝日が開局60周年を記念し、10月16日に第1子誕生を発表した「V6」岡田准一を主演に迎え、2019年、山崎豊子の不朽の名作「白い巨塔」を5夜連続でスペシャルドラマ化することが分かった。

原作は、来年、刊行から50年という節目の年を迎える国民的作家・山崎豊子の一大ベストセラー長編小説。大阪の大学病院を舞台に医療ドラマの枠を超えて人間の本性に迫った同作は、山崎作品の中でも“傑作”と呼び声高く、発行部数はシリーズ累計600万部を突破。これまで何度も映像化されてきたが、2019年に開局60周年を迎えるテレビ朝日が超大型ドラマスペシャルとして制作する。

■主人公・財前五郎を演じるのは岡田准一!初めての医師役に

今作で主演を務める岡田さんは、「V6」としての活動の傍ら、数々の映画・ドラマに出演し、『永遠の0』で2015年・第38回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、『関ヶ原』で2018年・第41回優秀主演男優賞を受賞。直近でも、自身で殺陣をつけた主演映画『散り椿』が第42回モントリオール世界映画祭で審査員特別賞を受賞するなど、俳優として確固たる地位を確立している。

時代劇から現代劇、アクション、コメディ、ハードボイルド…とジャンルを問わず多彩にキャラクターを演じ分けてきた岡田さんは、今作「白い巨塔」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.