くらし情報『真木よう子、カメラに囲まれ「恐怖」も仲里依紗は興味津々! “記者”岩田剛典は「人に優しくなれた」 』

2018年12月4日 16:21

真木よう子、カメラに囲まれ「恐怖」も仲里依紗は興味津々! “記者”岩田剛典は「人に優しくなれた」 

Photo by cinemacafe.net

NHKの土曜ドラマスペシャルで放送される、“ネット炎上”をテーマにした「炎上弁護人」の記者会見が12月4日(火)に開催され、主演の真木よう子をはじめ、仲里依紗岩田剛典が出席した。

数々の人気ドラマを手掛けてきた井上由美子の脚本で、SNSで炎上してしまった主婦の弁護を担当することになった弁護士の戦いを描く本作。仲さんは炎上被害に遭う主婦、岩田さんはネット記者を演じている。

SNS観に変化真木よう子「ネット社会も“ひと対ひと”」

現代社会において、俳優という公の場に出る仕事をしていれば、SNSをやっていようがいまいが、常に“炎上”のリスクと隣り合わせにいることになる。

本作に出演したことで、SNSに対する意識などで変化したことを尋ねると、真木さんは「(演じた)渡会美帆は、『ネットの世界は魑魅魍魎』という言い方をしてましたが、(仲さん演じる)朋美と出会い、彼女を応援するユーザーとも出会うことで、そうじゃないのかも…と考えが変わっていき、ネット社会も“ひと対ひと”なんだと気づきます。それは私も役を演じるに伴って気づいた部分で、(ネットの世界は)得体のしれない“何か”がうごめいているのではなく、人が書いているんだと感じました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.