くらし情報『藤井流星に“キス以上を見たかった”の声も…「黄昏流星群」ラストに様々な感想』

2018年12月14日 00:07

藤井流星に“キス以上を見たかった”の声も…「黄昏流星群」ラストに様々な感想

Photo by cinemacafe.net

佐々木蔵之介主演、中山美穂、黒木瞳、「ジャニーズWEST」藤井流星らが共演した「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」が12月13日の放送で最終回を迎えた。

弘兼憲史による同名短編オムニバス第1集「不惑の星」をベースにドラマ化した本作。エリート銀行マンとして入社以来仕事一筋、支店長まで登り詰めた瀧沢完治を佐々木さんが演じて主演。

完治は旅先で出会った黒木さん演じる目黒栞への想いを秘め、出向先の荻野倉庫へ。そこで働く栞とまさかの再会を果たし2人は恋に落ちていく。荻野倉庫で冷遇される完治だが新事業を成功させ会社にも溶け込んでいく。

一方、中山さん演じる完治の妻・真璃子は、藤井さん演じる娘の婚約者・日野春輝から想いを寄せられるように。石川恋演じる娘・美咲も大学時代の恩師と不倫関係となり2人でイギリスに旅立ってしまい、夫婦はお互い違う方向を向いていく。そんななか完治の古巣の銀行で不正が発覚、完治は調査委員会の委員長として銀行に復職。栞も糖尿病が発症し、完治に迷惑をかけまいと姿を消す…というのがこれまでのストーリー。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
最終回では完治の同僚・井上が飛び降り、完治は不正が井上1人だけのものではないと考え、上層部にも調査の手を伸ばしていく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.