くらし情報『レスリー・ジョーンズ、女性陣無視の『ゴーストバスターズ』続編に憤慨』

2019年1月21日 16:06

レスリー・ジョーンズ、女性陣無視の『ゴーストバスターズ』続編に憤慨

Photo by cinemacafe.net

先日、オリジナル版『ゴーストバスターズ』(1984)、『ゴーストバスターズ2』(1989)の続編の3作目が2020年夏に公開予定であることが明らかになった。この報道に対し、女性版『ゴーストバスターズ』(2016)で主要キャストのひとりを演じたレスリー・ジョーンズが「すごい侮辱」と憤っている。

「まるでトランプがやりそうなことじゃない。(トランプの声で)『ゴーストバスターズをまたやるぞぉ~。男版の方がいいに決まってるじゃないか。大作になるぞ。あの女たちなんてゴーストバスターなんかじゃない』って言ってるみたいでうんざりだわ」と不満をツイートした。

現在製作中の3作目はオリジナル版の流れをくみ、メリッサ・マッカーシー、クリステン・ウィグ、ケイト・マッキノン、レスリーが主要キャストを演じた女性版『ゴーストバスターズ』とのつながりはないという。3作目の監督のジェイソン・ライトマンが「Entertainment Weekly」誌に「ポール(フェイグ監督)の作品には敬意を払っている。素晴らしい女優たちが出演していたしね。彼らの作品の続きも見たいよ。でも、今回の新しい作品(3作目)はオリジナル版の話に沿うものなんだ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.